なぜ人は勝手に傷つくのか?〜勝手にネガティブに解釈して傷つく人たち


20200705041030308.jpg





なぜ人は勝手にネガティブに解釈して傷つくのでしょうか?

直接何かを言われたわけでもないのに、自分の中できっとそうに違いないと決めつけて傷ついている。

これはとても難しい問題というか、誰もが陥る可能性があることだと考えてしまうほど身近な現象だったりします。



ぽんきちは特に心理学の素養があるわけでもないのでこれについての分析が難しいのですが、もしかしたら強い承認欲求が関係しているのでは?と考えています。

認めて欲しいと思っている人から期待通りの反応が無かったりすると勝手に傷つく作用が働くのかも?と想像しています。

例示するのが難しいのですが、例えばFBの「いいね!」がある特定の人から一度も付いたことがないと「ああ、やっぱりこの人は俺のことが嫌いなんだな。」と勝手に傷ついてしまうとか?

FBの友達が300人いたとするならば、この考え方からすると、300人すべてからいいね!が付くことはあり得ないということは理解しているのに、ある特定の人からいいね!が付かないことを異常に気にしてしまう心理状態ですかね。

300人もいれば他にもいいね!してくれない人はたくさんいるはずです。他の人たちのことは気にならないのに、ある特定の人についてだけはいいね!してくれないことが気になって仕方ない。どうしても自分はこの人から嫌われているとしか思えない。

特にリアルで会った時に何かがあったわけでもないのに、なぜかFBでいいね!が付かないだけで、つまり反応してくれないというだけで嫌われていると確信してしまう。



これってどうなのかなぁ、例示として当たっているのかな?

更に書きますと、ある特定の人とは自分にとって何なのか?どんな存在なのか?ということなんですが、おそらく自分にとって強い承認欲求を満たしてくれる資格のある人なのでは?と思います。

つまり、もしこの人から認めてもらえたら自分のステイタスが上がるくらいの立ち位置にいる人・・・とでも言いましょうか、表現するのが難しいですが、少なくとも自分はそう認識してしまっている人なのでは?と思います。



今回は、なぜ人は勝手にネガティブに解釈して傷つくのかを検証してみましたが、これはぽんきちには難しいです。私にはすごくよくわかる!!という読者もいるのかもしれませんが、ぽんきちにはわかりにくい感情だからです。

ぽんきちにも承認欲求は当然ながらありますが、個人的な経験から説明しますと、なりたい自分に向かってやるべきことに集中している状態がかなり長く続いていると傷つきにくい気がするのです。

何というか、ぽんきちの場合は毎日それを何年も続けているので、満たされない承認欲求の矛先がおかしな方向に向かわないのです。まだやるべきことがたくさんあるとか、どうすれば今の課題をクリアできるかとか、毎日そんなことを考えていたりします。

おそらく余計な感情が入り込む隙間がないような生き方をしている気がするのです。つまり、いつも集中していると。とにかくなりたい自分になるにはどうすればいいのかを常に考えながら動いているので、余計な感情は自分の中で排除しがちです。



普段からなぜなんだろう?と感じることが多いので今回はブログのテーマに選びましたが、こういうことを考察すること自体疲れますね。無意味なことに意味を感じて生きてしまうくらいに虚無感があります。

何も生産性のない無駄な感情に思えるのですが、これが人間というものだよと、人間臭くていいじゃないか!!と言えば一般的には安心され喜ばれるのかな?

勝手にネガティブに解釈して傷ついても良いことは何もないと思います。



以上です。



と、ここでブログを終わらせたいところなんですが、人間は生産性のない余計な感情に支配される時ってやはりあると思います。

誰かからメールなどの連絡が入っていた時、もしかしたら良くない知らせなのでは?と思うことがぽんきちにもあります。そのほとんどは杞憂に終わる内容なんですが、真っ先にネガティブな連想をしてしまうのはぽんきちの悪い癖です。

その一方で、自分の都合の良い謎の期待をしてしまうこともあります。いつもあっさり期待は裏切られるのですが、人間なんてそんなあやふやな感情で生きているものなのかもしれませんね。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html

【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2020/07/05 04:11 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今回のギター講座は目に見えない部分のよもやま話です〜呼吸とかリズムとか指先のタッチなどについて


20200704142428368.jpg





今回のギター講座はフリートーク的に普段ぽんきちがギターを弾いていて目に見えない部分で個人的に感じていることを書きます。今回は感覚的なお話なので中級者向けになるかもしれません。

グルーヴを感じるというか、息吹きを感じるような演奏をするために欠かせない要素は呼吸やリズムだと思うので、ぽんきちの場合はこんな感じですというお話です。これから書くことはかなり個人的な感覚の内容なので参考にするしないは考えずに気楽にお読みください。



まず、呼吸についてですが、歌はもちろんですが、ハーモニカ、笛、サックス、トランペットなどは演奏中に必ず息継ぎをする必要があります。所謂ブレスというやつですが、ギターの場合は息継ぎを意識しなくても弾けちゃう楽器ですよね。

ならば呼吸って意識しなくてもいいのでは?と思うのも無理はないのですが、楽器は基本的に歌と同じです。例えばB.B.キングがギターでブルースを奏でる時にまるで会話しているようなプレイをしますよね?まるで息継ぎが聞こえてくるかのようなギターを弾いています。ブルースを弾かないぽんきちでも歌っているギターだとわかります。つまり、ギター演奏も呼吸が必要な歌と同じということです。


ぽんきちは演奏中にめっちゃ呼吸しているんです。既にライブではお気付きのお客様も多いと思いますが、演奏中にマイクがブレス音を拾うほど大きな呼吸なんです。単に鼻息が荒いんじゃね?という噂もありますが(^_^;)

いつからこんなに深い呼吸をしながらギターを弾くようになったのか、実は自分でもよくわからないんです。しかも、かなり大きなブレス音なのに演奏中は自分ではそれが聞こえないんです。あとで録音した音源を聴いてあまりの大きさに自分で驚いているんですが、なぜ自分には聞こえないのかはよくわかりません(・・;)

息継ぎの場所(小節)は人それぞれだと思いますが、ぽんきちの場合は無意識に深い呼吸をしているので呼吸についてはまだ自分で体系化できるような説明ができないのです。ただ、何となく思っているのはぽんきちはギターで歌いたい(弾き語りという意味ではありません)という意識が強いので、その気持ちが深いブレス音に現れてしまっているのでは?と自己分析しています。



次にリズムについてですが、ミュージシャンってオフビートの感じ方が人それぞれで、それが演奏の特長として現れている気がしています。オフビートって例えば8ビートでドン、パン、ドン、パンというアクセントがあった場合にその中間に流れているビートです。アクセントがつかない部分とでも言いましょうか。

ドン、パン、ドン、パンというアクセント部分はわかりやすいのでバンド(ユニット)メンバー同士ではある程度は合っているんですが、オフビートの感じ方が違うものだからメンバーによってはどうにもしっくりこない場合があるんです。オフビートの間にも楽器で歌(旋律のようなもの)を感じるとするならば、歌を感じる人と感じない人の違いや、感じていても歌そのものの違いが演奏に現れてしまうというか。

一般的にリズムは円の軌道で感じるのが良いと言われています。ぽんきちの場合はオチンチンのあたりから円の軌道がオシッコのように放出され、観客席のお客さんを突き抜けて天井を辿ってまた自分の背中に戻ってくるイメージでリズムを感じています。つまり、円の軌道は自分のオチンチンの先っぽからスタートして縦方向にぐるぐる回る感じなんです。

ただ、この円の軌道が小さいと良い演奏にならないような気がするんです。ぽんきちの個人的な感覚ですが、円の軌道が小さいとなぜか心地良く聞こえないんです。オンビートのアクセントはそれなりにジャストで合っているんだけれど、せかせかしてるような落ち着かない感じに聞こえるんです。

だからなるべく大きな円の軌道を描くことが肝心で、そこにグルーヴが生まれるヒントがあるような気がするのです。オフビートの感じ方があまりにも違うとバンド全体がちぐはぐな演奏になるような気がします。

自分のアコースティックの演奏でも大きなリズムの円が描けなかったライブでは出来映えが良くないんです。ですから、これは意識して大きな円の軌道を描くように心がけています。

そして、これらの前提として体内メトロノームを持つことが大切だと考えています。ぽんきちは5〜6年程ユニットのスタジオ練習や自宅の個人練習の時は必ずメトロノームを使っていました。最近は個人練習の時だけ時々使っていますが、5年以上常に使っていると体内にメトロノームができると経験的に考えています。



最後に指先のタッチですが、これも人それぞれですから何が正しいとかは言えないと思います。

今回はぽんきちのよもやま話ですから敢えてここで書くならば「しなり」です。イメージとしては弓とかアーチェリーですね、弓のしなりがあって瞬間的にそれが元に戻ることによって矢を放ちます。つまり、弦をヒットする時に指先と手首でスナップを効かせるのが肝心かなぁと感じています。

スナップを効かせると一定の力で音の強さをコントロールすることができます。つまり、大きな音を出したい時に力を入れたり小さな音を出したい時に力を抜いたりするのではなく、指先と手首のスナップでコントロールします。

このスナップのコントロールは力ではなく指や手首のしなりの大きさで変化をつけます。所謂、抜けていく音というか、そんなアタック感って、力ではなくて「しなりの加減」なんじゃないかなって、長年ギターを弾いていて感覚的にそう思っているんです。

ですから、ギターは弾く(ひく)と書きますが、本当は弾く(はじく)楽器なのでは?とずっと前から思っています。あくまでもぽんきちの個人的な感覚なんですが。



以上、今回のギター講座はぽんきちの目に見えない部分のよもやま話でした(^_^)ノ








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2020/07/04 14:25 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台所でギターを弾く生配信(毎週月〜木21時より)No.53〜ライブで緊張しない方法について




https://youtu.be/XacyChlfrPk




今回の台所でギターを弾く生配信No.53の内容です。前半は表テーマ、後半は裏テーマで構成しています。



【表テーマ】

ライブで緊張しない方法について(ギター講座より)

ギター講座の過去ブログを深堀り


【裏テーマ】

[ブログ紹介]

心の中の余計な物を削ぎ落として心を無にして演奏すること

4年前に長崎へ遠征ライブした時のエピソードを書いている



以上が今回の生配信の内容でした。



次回のテーマは「Automatic(宇多田ヒカル cover)のギターアレンジ解説」を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします!!







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2020/07/03 00:05 | Comment(0) | YouTube 台所でギターを弾く生配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台所でギターを弾く生配信(毎週月〜木21時より)No.52〜中級者ギタリストにおすすめのギター教則本について




https://youtu.be/22Crm5jkHKg





今回の台所でギターを弾く生配信No.52の内容です。前半は表テーマ、後半は裏テーマで構成しています。



【表テーマ】

中級者ギタリストにおすすめのギター教則本について


[おすすめ教則本の紹介]

野村大輔著「アコギに必要な音楽理論を理解→整理→反復の3ステップで身につける本」

音楽全般の基本的な知識を習得するのに役立つ良書

理論を知らない人のプレイと知っている人のプレイを楽譜と音源で紹介、この両極を比較することで理論を確認することができるようにしている。


宇田大志著「3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法」

ジャズ以外のジャンルにも実践的な理論書としてとても役立つ内容になっている

・指板上の音名の覚え方
・コードトーンハーモナイズ
・ダイアトニックコードの仕組み
・コードトーンのコードフォームブロック
・モードスケールの正しい覚え方
・テンションコードの正しい覚え方
・曲の分析の仕方



【裏テーマ】

[ブログ紹介]

中級者ギタリストのためのギター講座〜とりあえず何でもできた方がいいに決まってますがな(・・;)



以上が今回の生配信の内容でした。



次回のテーマは「ライブで緊張しない方法について」を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします!!







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2020/07/02 00:05 | Comment(0) | YouTube 台所でギターを弾く生配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきちの実家にあるおそらく明治時代の金庫と農機具



ぽんきちの離島の実家には祖父が若い頃から使っていたと思われる古物がたくさんあります。

祖父は漁師の頭領をしながら生活のための農作業もしていましたが、祖父の遺品の一部を写真撮影してアップしました。




20200701133755568.jpg


母が生まれるずっと前からあった金庫です。母の話では明治時代のものではないか?とのこと。ぽんきちが子供の頃は黒電話の置き台として使っていました。




20200701134748596.jpg


20200701134830459.jpg


20200701134852346.jpg


20200701134915807.jpg


20200701134935837.jpg


20200701134958092.jpg


祖父が使っていた農機具もたくさん倉庫に眠っていました。これらもおそらく明治時代の古物だと思われます。

昭和の時代には島に古物商が買い取りに来ることもあったそうなんですが、母は祖父の遺品は売らなかったそうです。

いずれぽんきちが引き継ぐのかもしれませんが、さてどうしましょう(^_^;)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2020/07/01 13:50 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台所でギターを弾く生配信(毎週月〜木21時より)No.51〜ギターアレンジのコツを教えます:オリジナル曲のベースラインと印象的なフレーズに注目する



https://youtu.be/TVYQuroX-N0





今回の台所でギターを弾く生配信No.51の内容です。前半は表テーマ、後半は裏テーマで構成しています。



【表テーマ】

ギターアレンジのコツを教えます:オリジナル曲のベースラインと印象的なフレーズに注目する


今回はカバー曲としてアレンジする場合のお話

アレンジのコツはコードヴォイシングの選び方やテンション・ノートや開放弦の使い方など、他にもたくさんあるが、今回は「ベースラインと印象的なフレーズ」に注目することをテーマに説明する


Uフレットなどコード譜のサイトを活用

いろんなキーでコード譜の表示ができるので便利ではあるが、掲載されているコードが正しいとは限らない(間違ったコードも多い)

オリジナル曲のベースラインを聴きながらコードを拾う(分数コードなどがわかりやすい)


ベースラインに注目するもう一つの理由としては、オリジナル曲とは雰囲気を変えたカバー曲にしたい時にはリズムパターンを変えるのが有効であるため

ベースラインを自分で作ることでカバーらしさが強調されたアレンジになる

逆にオリジナル曲の雰囲気を大切にしたアレンジにしたい場合はリズムパターンを変えない

※ベースラインを大胆に変えてカバーらしさを強調したアレンジの例を演奏→「やさしい悪魔」


ベースラインに注目してコードとリズムパターンが決まったら、印象的なフレーズにも注目してアレンジする

結果的に自然な形でオブリやギターリフの入ったアレンジになりやすい

※印象的なフレーズに注目したアレンジの例を演奏→「楓」


印象的なフレーズをそのままアレンジに採用するとカバーらしさが無くなるのでは?つまり、コピーっぽくなるのでは?

オリジナル曲そのものは通常はバンド演奏されている音源が多いので、ギター1本でアレンジするという行為そのものがコピーっぽくならない要素を持っている。つまり、ギター1本でアレンジすることでカバーらしさが出てしまう。

ぽんきちの場合、自分のユニットの存在感を高めたいという気持ちが強かった頃はリズムパターンを変えた「カバーらしさを強調したアレンジ」が多かった。

今はオリジナル曲の雰囲気を大切にしたアレンジが圧倒的に多くなった。自分のユニットの存在感云々よりもリスナーが求める音楽に応えようとする姿勢が強くなっている。


【裏テーマ】

[ブログ紹介]

ミュージシャンは潜在的な失業者である



以上が今回の生配信の内容でした。



次回のテーマは「中級者ギタリストにおすすめのギター教則本について」を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします!!







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2020/07/01 00:05 | Comment(0) | YouTube 台所でギターを弾く生配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台所でギターを弾く生配信(毎週月〜木21時より)No.50〜Everything(MISIAカバー)のギターアレンジ解説



https://youtu.be/RpSuLIdawVw





今回の台所でギターを弾く生配信No.50の内容です。前半は表テーマ、後半は裏テーマで構成しています。



【表テーマ】

Everything(MISIAカバー)のギターアレンジ解説

レギュラーチューニング カポ1
キーはCでオリジナル曲と同じ

レベル的には中級者ギタリスト以上

テンション・コードと分数コードが多いので、このアレンジでの弾き語りは難しい

後半の転調はカポ1→2で対応している



【裏テーマ】

[ブログ紹介]

全音下げチューニングで弾き語りすることの悩みについて



以上が今回の生配信の内容でした。



次回のテーマは「ギターアレンジのコツを教えます:オリジナル曲のベースラインと印象的なフレーズに注目する」を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします!!







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2020/06/30 00:05 | Comment(0) | YouTube 台所でギターを弾く生配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全音下げチューニングで弾き語りすることの悩みについて


20200629171935951.jpg






長年ぽんきちはマーチン000-28ECを全音下げチューニングで弾いてます。

全音下げチューニングにするとそれぞれの開放弦の音はこうなります。


6弦=D
5弦=G
4弦=C
3弦=F
2弦=A
1弦=D

弦はエリクサーのコーティング弦(ナノ・ウェブ)のフォスファー・ブロンズを使っています。

以前は1弦が0.13、6弦が0.56のミディアムゲージを使っていましたが、カポを装着するとなぜか6弦が詰まったような音になっていたんです。それで今は4〜6弦だけライトゲージ(6弦が0.53)という変則的なセットにしています。

これでカポを装着しても6弦が詰まったような音にならなくなったんですが、ここで問題が発生したんです。



それは全音下げチューニングでライトゲージ弦を使う場合、カポ無しの状態で強くストロークすると音がバズるんです。つまり、テンションが緩いが故に弦の振動幅が大き過ぎて音が暴れてしまうんです。強くストロークすることで音が濁ってしまうので綺麗なサウンドにならないわけです。

強く弾かなければ問題ありませんが、曲によってはどうしてもカポ無しの状態で強く弾くケースがありますので、さてどうしたものか?と考えました。

それで、ぽんきちが出した結論は「周波数を変える」です。以前はA=440Hzでピッチ調整していましたが、今はA=448Hzにしています。つまり、微妙にピッチが高い状態で全音下げチューニングをしているわけです。



ぽんきちがギターのピッチ調整が自由に設定できるのはアコースティック・デュオと弾き語りという「ギター1本だけの表現形態」を追求しているギタリストだからなんです。他の楽器奏者がいない形態ばかりなのでピッチ調整がやりやすいんです。

これでカポ無しの状態でギターがバズる問題はほとんど解消されたのですが、更なる問題が発生しました。それはギターの周波数を上げることで歌のキーが微妙に高くなってしまうことなんです。

歌のキーが低めの曲はかえって歌いやすくなりますが、問題は元々キーが高めでギリギリ歌えていた曲なんです。ぽんきちの場合は弾き語りで原田真二さんのカバー曲を歌うことがありますが、全音下げチューニングでも歌のキーが高いので周波数を微妙に上げると更にキーが高くなってしまいます。



最近のリアル体験をお話しますと、緊急事態宣言が解除されて3ヶ月ぶりに大分市で弾き語りライブをしました。

3ヶ月近く大きな声で歌えない状態が続いていたのでライブやオープンマイクで鍛えていた声帯の筋肉がすっかり元に戻ってしまっていることは自覚していました。

悩んだ末にぽんきちはギターの音を犠牲にして歌いやすさを選んだんです。周波数はA=440Hzに戻して、ギタープレイに意識が持って行かれがちなテクニカルな伴奏の曲はなるべく少なめのセットリストにしてライブに臨みました。

カポ無しの状態で強くストロークする曲もありましたが、案の定ギターがめっちゃ暴れた音になっていました。それでもぽんきちは歌いやすさを選びました。ギタリストなのでテクニカルなギタープレイの伴奏をしている「異邦人」などもセットリストに入れましたが、やはり歌のピッチがかなり厳しかったです。



ライブという実践的な空間でずっと歌い続けていないと、53歳から弾き語りライブを始めたぽんきちなどのおさーんはすぐにガラスの声帯に逆戻りしてしまうんだなと、ライブ活動を再開したばかりの最近は痛感しています。

それならば全音下げチューニングなど止めてレギュラーチューニングにすればいいじゃん!!という意見もあるかと思います。ぽんきちは2008年からずっと全音下げチューニング(洋楽ユニットTeTeはナイロン弦だったので唯一レギュラーチューニングで演奏)で演奏していますが、これにはメリットも多いのです。

全音下げチューニングの主なメリットは以下のとおりです。


・レギュラーチューニングではできない独特なアレンジができる

・テンションが緩いため長い時間演奏しても左手首に負担がかかりにくい

・歌のキーが高いアーティストの曲でも簡単なコードで弾き語り等ができるアレンジのキーに設定しやすい



以上ですが、ぽんきちが原田真二さんのカバー曲を弾き語りできるのは全音下げチューニングのおかげなんです。例えば「キャンディ」のキーはAmですが、全音下げチューニングなのでぽんきちは簡単なコードが使えるキーAmのアレンジにしつつ、実際はGmのキーで歌っています。

サビの「寒い心〜♪」の部分などはオリジナル曲はラで始まる音なんですが、ぽんきちの場合はソで始まるフレーズなんです。だから地声でも歌えるわけです。

このようにメリットも多いので、ぽんきちはやっぱり全音下げチューニングをメインに使う変則的なギタリストとしてこれからも活動していくはずです。



周波数をA=448Hzにして微妙にテンションを稼ぎ、巻き弦がライトゲージでもギターの音を安定させつつ演奏するならば、とにかく歌を何とかしないといけません。

コロナショック前はA=448Hzでも対応できる歌になりつつあったんですが、しばらく現場から遠ざかると元に戻ってしまいました。これから再開してまた頑張るぞ!!と動き出したら、今度は第二波に襲われて再び自粛状態ということも十分に考えられます。

大きな声で歌う場所が確保できない状態が長く続くのは人前で歌うことを常とする人たちにとっては本当に大変な状況だと思います。

アコースティックギターの場合は自宅でも練習できますし、元々生音ですから何とかなります。YouTubeで動画配信すれば緊張した状態でギターを弾くということも担保できますから、ギタリストはその点はいいですよね。



悩みはやはり歌との絡みです。

カラオケ店やレンタルスタジオ店など歌の練習ができる場所は、今も昼カラが原因で感染などのニュースが流れている現状では利用しにくいと感じる人たちも多いだろうと思います。

今は地道なボイトレなどの基礎練習をメインに続けていくしかないのかも?という気もしていますが、制限された状況でもできることはとにかくやっていく・・・これしかないですね。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/06/29 17:20 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきち故郷の島を撮影〜実家から出てすぐの堤防



https://youtu.be/j42SJ1xbQa8





緊急事態宣言が解除され、県外の移動もできるようになって、およそ3ヶ月ぶりに大分市内でのライブでした。

雨天にも関わらず人数制限内のお客様が来てくださり、アットホームなライブ終了後の深夜に故郷の島に帰ったのも3ヶ月ぶりでした。

翌朝はとても天気が良かったので、実家から出てすぐの堤防あたりで撮影した動画をアップしました(^-^)







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2020/06/28 15:36 | Comment(0) | ぽんきち動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャンディさん&ぽんきちライブのお知らせ〜大分県佐伯市「らいぶステージ」


20200624152516565.jpg





20200624152437424.jpg





2020年7月23日(木・祝)大分県佐伯市城東町3-27(新町通り)弾き語りハウス「らいぶステージ」

【キャンディさん&ぽんきちライブ・FBライブ動画配信】


オープン 18:30
スタート 19:00

チャージ2000円(1ドリンク込み)

※追加注文のドリンクはアルコール500円、ソフトドリンク200円です。
ライブ終了後は通常営業(料金は変わらず)になるのでどなたでもステージで弾き語り等できます。


[出演パフォーマー・ミュージシャン]

キャンディさん from博多
ぽんきち(弾き語り)


https://www.facebook.com/%E5%BC%BE%E3%81%8D%E8%AA%9E%E3%82%8A%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%B6%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8-879586148823442/
弾き語りハウス「らいぶステージ」


※FBライブ動画配信は無料配信です。

ぽんきちFacebook

https://facebook.com/ponkichi.kawakami



以上ですが、半年ぶりに故郷でのライブです。どうぞよろしくお願いいたします!!








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/06/28 00:05 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする