ぽんきち周辺の音楽関係事情はネットとリアルでは圧倒的にリアル派ばかりの現状について


20200617015143799.jpg





今回はぽんきち周辺の音楽関係事情について、ネットとリアルの比較をするという視点で書きます。

結論としては、ぽんきち周辺では積極的にネットを活用している人たちはほとんどいないという現状があります。あくまでもリアルなライブのみという人たちが圧倒的多数で、音楽的なネット活用はSNS止まりというケースがほとんどのようです。

10年以上前から動画の情報発信プラットフォームの定番であるYouTubeも積極的に活用している人たちは少ないのですが、その理由はよくわかりません。

よくわからないなりに考えてみますと、動画をアップするならばクオリティの高さにこだわりたいとか、自分のオリジナル曲を無料で視聴されることに抵抗があるとか、ネットにアップすると自分のオリジナリティを誰かに盗まれる恐れがあるとか・・・そういうことなんだろうか?と推測しています。



動画のアップについてはご本人の自由なのでその是非について云々することは野暮です。アップしたければすればいいし、したくなければしない・・・ただそれだけです。

今は無料で様々な音楽がネットで視聴できる時代ですから、ネットで無料で視聴される=価値を失うという図式は、価値というものの考え方自体の認識が古いかもしれないと個人的には考えています。

つまり、無料で視聴できる時点で価値が低いと考えるのは普通なんですが、世界的なミュージシャンの音楽さえも無料で視聴できる時代ならば、無料で視聴=無価値とは言えないという考え方もできます。

世界中のミュージシャンが無料で視聴されてしまうわけですから、それはもう無料=無価値ではないという図式が今という時代の正しい認識なのかもしれないわけです。



何度も言いますが、それでもやっぱりネットに動画のアップはしたくないと思うならばする必要はないわけです。今の時代に動画をアップしないのは時代錯誤だとか、自意識過剰なんじゃないの?とか、誰かにいろいろ言われたとしても、そんなことは大きなお世話なんです。どっちでもよかろうもん!!(`_´)ちゅーことです。

例えば、YouTubeの世界ではすでにネット活用として音楽発信している人たちがたくさん存在していますし、レッスン動画を中心に収益化にまで発展させているミュージシャンもたくさんいます。

しかし、ぽんきち周辺ではアーティスティックな活動としてネット活用で収益化できているミュージシャンは一人しかいません。iTunesで世界各地のファンに自分のオリジナル曲を一曲○○円(もしくはドル)でデータ販売している仲のいいミュージシャンが一人だけいます。ぽんきちが知る限りたった一人なんです。

現状としてはリアルなライブで収益化を目指している、もしくは収益化している人たちばかりなんです。ぽんきちが50代後半のおさーんギタリストなので周辺にリアル派が圧倒的に多いだけなのかもしれませんが、とにかくリアル派のみっす!!と言い切れるくらいリアル派ばかりなんです。



今回のコロナショックでリアル派ミュージシャンの脆さを我々は痛感したわけですが、かと言ってこんな現状ですから、すぐに自分の活動内容を変えられるわけでもありません。

ぽんきちだけではなく、彼らもこれからのコロナ時代を生き抜くにはどうするか?という難題を抱えながら未来を見据えているはずです。そして、これもぽんきちだけではなく、音楽の収益化はリアルの繋がりがあってこそという認識で活動しているミュージシャンも多いはずです。

ぽんきちは早くからブログの毎日更新やYouTubeの動画アップをしているギタリストですが、実際のところ収益化に繋がる仕事というものはネットよりもリアル経由が多いんです。オリジナル曲のアレンジ依頼などはネット経由が多いですが、ギター演奏やギターレッスンの仕事はそのほとんどがこれまではリアル経由でした。

実際にライブでぽんきちのギター演奏を見たという人たちが収益化に繋がる関係性を持ってくださるのです。ですから、ぽんきちは以前からネット活用を重視しているタイプのギタリストなんですが、リアルの活動はネット以上に重視しているんです。



それでも今年から時代は大きく変わったのは間違いないわけですから、今までどおりでいいわけがありません。何か新しいことを模索し実践すべき時期であることは明白なんです。

新しいことを始めると必ずケチをつけたり批判する人たちが現れますが、それは仕方のないことなんです。誹謗中傷があまりにも酷い場合は法的措置も行われる法改正が検討されつつありますが、それほど世の中には悪意しかない批判好きな人たちが多いのは事実です。

彼らは安全な場所にいて傍観者的立場で好き勝手を言うのが好きな人種なわけですから、行動を起こす立場の人たちは自分の時間を大切にしてとにかくアクションを起こし、内容を分析し、継続することに邁進するのがいいと思います。

とにかく行動を起こさなければ何も変わらないし、時代に置き去りにされていくだけです。パンデミックとその後に予想される世界恐慌が起こる可能性という、とんでもない時代の転換期に我々は置かれています。

未来予想なんて専門家にも難しいわけで、答えはどこにもないわけですから自分なりの答えを探してとにかく動くしかありません。



結論としては、ぽんきちはリアル派ですし、周辺も圧倒的にリアル派が圧倒的多数なんですが、やはり自分の活動においてはネットとリアルの両輪という方針はこれからも揺るぎません。

今回のコロナショックはネットを無視してはいけない時代なんだとぽんきちに改めて教えてくれた気がしています。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html



posted by ぽんきち at 2020/06/17 01:52 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台所でギターを弾く生配信(毎週月〜木21時より)No.43〜てぃ〜んず・ぶる〜す(原田真二カバー)のギターアレンジ解説



https://youtu.be/qqsbwTrZQ-s




台所でギターを弾く生配信No.43の台本です。前半は表テーマ、後半は裏テーマで構成しています。



【本日の表テーマ】

てぃ〜んず・ぶる〜す(原田真二カバー)のギターアレンジ解説


中級者ギタリスト以上向けの内容

レギュラーチューニング A=440Hz

ぽんきちが実際にライブで使用しているコード譜を使う

イントロとAメロはベースラインのコードパターンとギターリフのパターンを分離して解説する。


D、E、Emまではベース音は4弦5弦
A7はベース音は5弦6弦


【本日の裏テーマ】

[ブログ紹介]

新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」の主題歌で自分のおっさん度がわかる・・・うおおぉぉ(゚Д゚;)


収益化を目指すならばトレンドに迎合するのが一番の近道

自分が書きたいこと、演奏したい曲を演奏するのではなく、トレンドの検索キーワードからテーマを選んでブログや動画をアップする。おそらく髭男のギターアレンジ解析などすれば今の10倍はアクセス数が増えると思う。

大多数が求めるものをサービスとして提供しなければ収益化は難しいし、ニーズの無いものを提供し続けることになってしまう。

実際のところ、誰かに役立つサービスを提供しないと仕事にならないのはどの分野でも共通する真理で、大多数に役立つサービス提供はビジネス化の定石ではある。


わかっていながらそれをしないのはなぜか?


自分がいいと思えないものは発信しにくいし、楽しめない。そもそも何年間も継続していけない。おさーんの中には固定されたトレンドというものがあって、時代遅れであるが故にそれは現代ではニッチな世界やコアな世界になってしまう。

現実問題としてそこしか目指せない。おさーんは自分の中の固定されたトレンドを勝手に「普遍的なもの」と信じているので、そこにニッチな世界観が生まれる。

ぽんきちはそこを追求するギタリストなので、これからもそれしかできないと思う。

マイノリティーの満足に応える活動では一生稼げない可能性があるが、そもそもそのためのネット活用ではないのか?

世界各国に存在する音楽的マイノリティーの人たちに発見してもらうためにネットで発信しているわけだから、マイノリティーネタの宝庫にすればいいのでは?と思う。



以上が今回の生配信の内容でした。



次回のテーマは「アコギ1本で弾くS.R.V. - Lennyのギターアレンジ解説」を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします!!







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2020/06/17 00:05 | Comment(0) | YouTube 台所でギターを弾く生配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする