おさーんがオンライン化しにくいのはなぜか?


20200907190317648.jpg





基本的におさーんはアナログ世代という理由がまず大前提にあるわけですが、情報提供する側のおさーんとしてはネットで調べながらある程度オンライン化はできます。

ところが、そうやって情報提供やサービス提供のほとんどをオンライン化できたとしても、受信する側のおさーん世代はそもそも生活がオンライン化していないわけです。

例えば、ぽんきちがYouTubeで毎日情報発信していて、後でアナリティクス(分析ツール)を使って視聴者の年齢層を調べると、最も多いのは20歳前後の若者たちだったりします。

これって何を意味しているかと申しますと、動画などをチラ見してすぐに離脱する年齢層なんです。つまり、ネットって圧倒的に若者たちが視聴しているわけです。そんな中におさーんが生配信や動画をアップしても興味ないからすぐに離脱するわけです。

アナリティクスによると次に多い年齢層は25〜34歳なんです。もちろん彼らもすぐに離脱する層です。おさーんの発信する情報には興味ないからです。その次にやっと55〜64歳の年齢層というおさーん世代の視聴者が現れます。



更に困ったことに、おさーんが発信する情報を受信する側のおさーんたちの生活がそもそもオンライン化していないという現状があります。例えば動画コンテンツと言えば彼らはまだテレビなのではないか?と思います。毎日必ずYouTubeで動画を視聴する習慣のあるおさーんがどのくらいいるのか?という話なんです。

おそらく、そんな人たちはまだ少ないと思われますし、我々おさーん世代の動画コンテンツはまだ圧倒的にテレビでしょうと。我々はテレビで育ってきた世代ですから、動画コンテンツとしてYouTubeによる情報発信をしても、そのターゲットとなるべき年齢層の人たちはネットによる情報受信という行為がなかなか習慣化しないわけです。

提供するコンテンツの内容云々の前に、おさーん世代はまだYouTubeなどのネットの動画コンテンツが生活の重要な一部になっていない可能性が高いのでは?と思います。



つまり、情報を提供する側と受信する側のミスマッチがあるわけです。ネットで情報発信すると最初にそれをキャッチするのは圧倒的に若者たちなんです。それが現状のネット世界です。

本来ターゲットとなるべきおさーん世代はFacebookというSNSに情報の発信も受信も集中しており、その中でもオンライン化の緊急性を感じさせる情報のやりとりはほとんどありません。

今のところ、アナログのやり方を引き継いでいくという方向性でしか我々の世代は馴染めないのかもしれません。コロナ禍でエンタメ関連がダメになったと、では急いでオンライン化を図るべきとして動いたとしても、そもそも中高年世代をターゲットにしているエンタメはシステム的にミスマッチを起こしてしまう。



例えば、ぽんきちは6年以上ブログを更新していて、それはある程度の集客には効果的であることは経験からわかっています。しかし、Googleアナリティクスを使って分析してみると、ぽんきちブログの読者は関東の横浜と大阪が圧倒的に多く、福岡は三番目の都市なんです。

なぜ横浜と大阪に読者が多いのか、その理由は不明なんですが、ぽんきちは福岡と大分で活動しているギタリストなので、ここにもニーズのミスマッチがあるわけです。ブログ読者で福岡の次に多いのは東京なので、ブログの集客効果は現状としては限定的だということです。

ミュージシャンの場合、収益化できるコンテンツはライブ、CD等の音源、レッスン、アレンジ&レコーディング、物販などです。コロナ禍においてはそれらのオンライン化は必須なんですが、おさーん世代をターゲットとするミュージシャンの場合は上記の理由からミスマッチ回避の対策を講じないと厳しいものがあります。



今回はおさーんがオンライン化しにくい理由について考察してみました・・・おさーん(・・;)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html

posted by ぽんきち at 2020/09/07 19:03 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元中学校教諭のYouTuberが好きを仕事に自分らしく生きるをテーマに情報発信する【すぎやま先生】〜ぽんきちのYouTuber紹介・その2




https://youtu.be/o3Lo69wL42E
中国が世界を手中におさめつつある?〜中華経済圏『一帯一路』構想とは?




https://youtu.be/sAQpPIdqnZk
これから伸びる業界・お仕事〜アフターコロナはこれが伸びる!




https://youtu.be/St8hoE-inRo
公務員はこれからの時代も安定か?「元公務員が教えます」




今回紹介するのは元中学校教諭(社会科と音楽を担当)だった異色の経歴を持つYouTuberすぎやま先生です。

今年の3月に作家・本田健さんのアフターコロナをテーマにした講演内容をまとめた動画をアップしたことで見事にバズり、一気に数万人レベルのチャンネル登録者を獲得した超ラッキーなYouTuberです。

ぽんきちはちょうど彼がYouTubeで動画がバスっている最中に彼を発見し、それからずっとアップする動画を視聴していますが、情報発信の切り口がなかなか面白いです。

基本的には好きを仕事に自分らしく生きることをテーマにビジネスや自己啓発や社会システムに関する動画をアップしているYouTuberなんですが、彼はあまり思想の偏りを感じさせない情報の分析をしているタイプです。比較的冷静に情報を分析して自分なりの発信をしているとぽんきちは感じています。

普通のおじさんなんですがどこか憎めない愛されキャラ系のYouTuberですね。そして、人気YouTuberだけあって先進的な感性を持っています。これからのアフターコロナを生きていくうえで参考になる情報発信をアップしてくれる期待が持てるチャンネルです。



すぎやま先生はSNSを活用したコンサルティングの仕事もしていますが、現在世界で最も飛躍、拡大が目覚ましいSNSは短時間の動画をアップする『Tik Tok』なんだそうです。

自身も若者中心の動画プラットフォームである『Tik Tok』に動画をアップして、たくさんのフォロワーを獲得しています。普通のおじさんなのに凄いです(^_^;)

中国発の『Tik Tok』に関しては利用すると情報を抜かれるという噂がアメリカのトランプ政権から出ていますが、すぎやま先生的には「そんなことを言うならばFacebookだってそうでしょう。」と。

確かに最近のFacebookは酷いとぽんきちも思います。怪しげなスパム系ビデオメッセージが友達経由でしょっちゅう届きますし、どんだけ情報抜かれてんだって話ですよね。

西側陣営に属する我々日本人には基本的に西側寄りの情報しか入って来ません。すぎやま先生はもっと多角的に情報を分析しましょう。もっと冷静になりましょうと我々に問いかけています。



以上、今回はビジネス系YouTuberすぎやま先生の紹介でした!!







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html

posted by ぽんきち at 2020/09/07 00:10 | Comment(0) | ぽんきちのYouTuber紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアルなライブが少なくなる→オンライン化を検討するようになる→どんどんしんどくなる(・・;)


20200831154247034.jpg





コロナ禍でリアルなライブが少なくなると当然ながらオンライン化・・・つまりネット活用を以前より考えるようになります。

収益化という意味では閉ざされた空間であるリアルなライブの方が圧倒的に可能性があるわけです。そこに足を運ばないと堪能できない閉鎖空間に価値を感じてお客さんはライブに来てくれるからです。

つまり、いきなりオンライン化を図っても収益化はできないわけで、現時点で収益化できているミュージシャンはYouTube等で何年も前からオンライン化に取り組んできた一部のミュージシャンだけです。



リアルなライブ活動が中心だったぽんきちはネットの世界でオンライン化できているミュージシャンたちのコンテンツはどんなものか?と以前にも増してコロナ禍の最近は視聴したりするわけです。

すると、とてつもなくクオリティの高いコンテンツがごろごろ存在していることに気付くわけです。九州の地方都市で活動しているとなかなか出会えないようなミュージシャンたちがネットの向こうにはたくさん存在している・・・

皮肉にもコロナ禍にはぽんきちに音楽的なスタンダードの見直しを意識させるという強制力もありました。自分が何と小さな世界で生きていたのかがよくわかるというか・・・つまり、自分と同じ一般人なのにこれほどの高いクオリティで発信できている人たちがいるという現実を見せつけられるわけです。



閉ざされた空間だからこそ価値を持っていたというのは、その街に行かないと堪能できないという距離的な要素もあったのですが、それだけではなかったのかもしれないと。

自分はそんな閉ざされた空間に守られていただけなのかもしれないと。ネットという無料視聴可能なネットの世界はオープンな空間です。そのオープンな空間にはとんでもない凄いコンテンツがたくさん存在していて、ネット中心の活動とはそんな彼らと同じ土俵に上がるということなのではないかと。

そんな風に考え出すとどんどんしんどくなるわけです。つまり、現状の自分の状態ではいけないと。地方の閉ざされたリアル空間では通用しても、ネットのオープンな世界では通用しないと気付くわけです。



今ぽんきちはメンタル的に落ちている状態が続いています。長期化するコロナ禍で試行錯誤する自分に疲れているのかもしれません。

ネットの怖いところは自分の中のスタンダードがどんどん高くなって、自分も含めて自分が存在する環境そのものの価値がわからなくなることです。つまり、自分の中での要求が高くなっているけれど、それに全然追いつけない状態なんです。

自分の中のスタンダードを高くしてしまうそのコンテンツの数々は決して突然登場したものではなくて、膨大な数の情報発信の中で試行錯誤の果てにアップされたものだったりすることも理解しています。

彼らも最初からクオリティの高いコンテンツで発信できていたわけではないと。愚直なまでの地道な積み重ねがあってこそなんだと、頭ではわかっているのです。それでもネットの世界は残酷なまでに「結果としてのクオリティの高さを持ったコンテンツの存在感」が力を持つわけです。



おそらく、これはただ事実を突きつけているだけなんだろうなって気がしています。

世界は広い・・・その広い世界のどこに今自分はいるのか?

ということです。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/09/07 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする