一枚紙に8個のギター指板を書くことで視覚化されてわかりやすくなる〜Aコード・トーン編


20200924152833349.jpg




前回からテーマ毎に3回に分けてギター講座のブログをアップしています。

テーマは以下の通りですが、どれも「一枚紙に8個のギター指板を書くことで視覚化されてわかりやすくなる」という内容です。

@ダイアトニック・コード編
Aコード・トーン編
Bモード・スケール編

今回はコード・トーン編ですからある程度は音楽理論的なお話になりますが、理屈のお話はなるべく排除し、あくまでも視覚的に「あぁ、なるほど・・・」と納得できることを目的としています。

つまり、理屈はよくわからないけれど確かに音的にはそうだよね!!という納得の仕方ができればいいというコンセプトで書きます。視覚化することで音楽理論が苦手な読者にとって何らかのヒントになることを期待しています。



そして、3回のテーマとも音は度数で表示します。

ドレミファソラシド

C D E F G A B C

R 2度 △3度 4度 P5度 6度 △7度 R(△=メジャー、P=完全)

です。

半音高い音は♯、半音低い音は♭やmで表示します。

これは3回とも共通していますので、度数で音を理解することにも慣れて頂きたいのです。ギターという楽器の性質上、度数の理解は必須です。(例えばC△7の7は長7度、C7の7は短7度など、コードの数字は度数を意味するからです。)

資料の一番上のギター指板ではRの次の音は2度で表示していますが、その他各ダイアトニック・コードの7個のギター指板では9度で表示しています。2という数字はコード表示されることがほとんど無いので9で表示しました。



最後に、一番上のギター指板で表示したCメジャースケールの音は、その他7個のギター指板上にそのまま同じポジションで音を表示しています。各ダイアトニック・コードによって度数表示は変わりますが音のポジションはすべて全く同じです。(←ここ重要!!)

つまり、この8個のギター指板はすべてピアノの白い鍵盤で弾ける音が同じポジションで並んでいるわけです。



以上ですが、早速第2回目のテーマに入ります。



【コード・トーン編】

コード・トーンとはコードを構成する4和音の音です。キーがCの曲の場合、各ダイアトニック・コードのコード・トーンは度数表示すると以下の通りです。


C△7→  R △3 P5 △7 
Dm7→  R m3 P5 m7  
Em7→  R m3 P5 m7 
F△7→  R △3 P5 △7 
G7→   R △3 P5 m7 
Am7→  R m3 P5 m7 
Bm7♭5→ R m3 ♭5 m7

これってピアノの白い鍵盤だけで弾ける音で構成されたコードばかりなので、コード・トーンも白い鍵盤だけで弾けます。

しかし、ギターでコードを弾くとコードに含まれるコード・トーンは1度、3度、5度、7度と順番に並んでいるとは限りませんし、コードによってはR(1度)やP5(完全5度)が重複していたりしますよね?

そこでスケールの中からコード・トーンだけを抜き出して弾く練習をすることで、コードからコード・トーンの4和音をイメージすることができるようになります。

では、今からそれを8個のギター指板を使って確認してみます。



まず、こちらの資料をご覧ください。


20200924152923897.jpg


各弦とも音のインターバル(間隔)が全全半全全全半(全音=2フレット分、半音=1フレット分)になるように音を度数表示します。

例えば5弦3フレットはC=ドですよね?これはR(ルート)と表示します。Rを起点に全全半全全全半のインターバルで同じ弦上に度数表示します。

同じ考え方でその他の弦も度数表示します。するとキーがCのメジャースケールがギター指板上に出来上がります。

ダイアトニック・コードのC△7はCがRになる度数で表示します。

5弦3フレットがRのC△7のコードをじゃら〜んと弾いて、R→△3→P5→△7→R→△3→P5→△7の順番でコード・トーンを弾いてください。

同じく6弦8フレットがRのC△7と4弦10フレットがRのC△7のコードを弾いてからコード・トーンを弾いてください。

はじめにC△7のコードを弾いてそのコードの響きを感じることがポイントです。



次にこちらの資料をご覧ください。


20200924152934968.jpg


Dm7は5弦5フレットがRのDm7のコードをじゃら〜んと弾いて、R→m3→P5→m7→R→m3→P5→m7の順番でコード・トーンを弾いてください。

同じく6弦10フレットがRのDm7と4弦0フレットがRのDm7のコードを弾いてからコード・トーンを弾いてください。


Em7は6弦0フレットがRのEm7、4弦2フレットがRのEm7、5弦7フレットがRのEm7でコードを弾いてからコード・トーンを弾いてください。


F△7は6弦1フレットがRのF△7、4弦3フレットがRのF△7、5弦8フレットがRのF△7でコードを弾いてからコード・トーンを弾いてください。



最後にこちらの資料をご覧ください。


20200924152946407.jpg


G7は6弦3フレットがRのG7のコードをじゃら〜んと弾いて、R→△3→P5→m7→R→△3→P5→m7の順番でコード・トーンを弾いてください。

同じく4弦5フレットがRのG7と5弦10フレットがRのG7のコードを弾いてからコード・トーンを弾いてください。


Am7は5弦0フレットがRのAm7、5弦5フレットがRのAm7、4弦7フレットがRのAm7でコードを弾いてからコード・トーンを弾いてください。


Bm7♭5は5弦2フレットがRのBm7♭5のコードをじゃら〜んと弾いて、R→m3→♭5→m7→R→m3→♭5→m7の順番でコード・トーンを弾いてください。

同じく6弦7フレットがRのBm7♭5と4弦9フレットがRのBm7♭5のコードを弾いてからコード・トーンを弾いてください。



以上ですが、7つのダイアトニック・コードをそれぞれ6弦ルート、5弦ルート、4弦ルートでコード弾きしてからコード・トーンを弾くという練習でした。

はじめにコードを弾いてコードの響きを感じてコード・トーンを弾くと「コード・トーンのフレーズ自体にコード感を感じる」ということがよくわかると思います。

資料ではコード・トーンに黄色いマーカーをして見やすくしています。コードを基本にしたコード・トーンを弾く練習をすると合理的な弾き方を探る過程で自然にポジションがブロック化されていきます。



今回はダイアトニック・コードの中にあるコード・トーンをコードを基本に視覚的に理解する方法のお話でした。

このように一枚紙に8個のギター指板を書くと、理屈があまりわからなくても視覚的にわかりやすくなるのでとても便利なんです。

コード・トーンは4和音ですから残りの9度(=2度)、4度、6度はテンション・ノート(9th、11th、13th)になります。

ドレミファソラシという7つの音で構成されるスケールを、コード・トーン(4和音)+テンション・ノート(3音)という考え方で分割して音階を理解すると、コード感のあるプレイができるようになります。

コードの構成音であるコード・トーンを意識するからこそコード感のあるプレイになるわけです。そのためにはそれぞれのコードに対応したスケールの中からコード・トーンを抜き出して弾けることが大切になります。



今回はAコード・トーン編でした。音楽理論が苦手な方の参考になれば幸いです!!








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html

posted by ぽんきち at 2020/09/24 15:31 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸の内サディスティック(椎名林檎カバー)のギターアレンジ解説




https://youtu.be/CVRfVXNsaWo




今回の台所でギターを弾く生配信No.98の内容です。前半は表テーマ、後半は裏テーマで構成しています。(毎週月〜木曜日の21時より90分の生配信)



【表テーマ】

丸の内サディスティック(椎名林檎カバー)のギターアレンジ解説

カポ3 キーAmのアレンジを紹介


【裏テーマ】

稼いでる人は、人に対して好き嫌いがない話【イライラは自己責任です】〜マナブログより



以上が今回の生配信の内容でした。



次回のテーマは「糸(中島みゆきカバー)のギターアレンジ解説」を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします!!







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html

posted by ぽんきち at 2020/09/24 00:05 | Comment(0) | YouTube 台所でギターを弾く生配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする