初心者のためのアコースティックギター講座〜アコギ一本でリズム楽器も鳴らしているような弾き方について




20150521131057870.jpg






今回のギター講座はアコギ一本でカホンのようなリズム楽器効果も付ける弾き方について書きたいと思います。



まずはぽんきちの大好きなオーストラリア在住の双子ユニットJSの演奏を聴いてください。











ギターの彼女は曲の前半は2拍目に、後半は2拍目と4拍目に「チャッ、チャッ」という音を入れて、まるでカホンでリズムを刻んでいるかのような効果音を入れながらギターを弾いています。

これはコード弾きの際に右手で弦をスタッカート気味にミュート(消音)しながら弾いているのです。
 
つまり、2拍目と4拍目に右指の先で弦に触れてミュートすることで「チャッ、チャッ」という効果音を入れながらリズミカルな伴奏にしています。

この弾き方だとピック弾きよりも確実に右手でミュートすることができますし、スタッカート気味に弾くことでよりリズミカルな伴奏を可能にします。



次にエクストリームのヌーノ・ベッテンコートの演奏を聴いてください。











彼は曲の全編に渡って2拍目と4拍目に「チャッ、チャッ」というミュート音を入れてリズミカルな伴奏をしていますが、彼もカホンのようなリズム楽器を同時に弾いているかのような効果音を入れながら弾いています。

この弾き方はアコギ一本で弾くスローテンポなバラードやミディアムテンポのノリが心地良い曲で抜群の効果をもたらします。

とにかく、弾いていても気持ちいいし、聴いていても気持ちいいのです。

アコースティックギターでの弾き語りやヴォーカルとのデュオなど、シンプルな形態で演奏する場合は威力を発揮するのでお勧めです。



ぽんきちのアコースティックギター講座では、ギターの弾き方の基本はもちろんですが、アレンジ(編曲)についてもレクチャーする予定です。

オリジナル曲を演奏したいけれど、どうアレンジしたらいいのかわからない方や、好きなアーティストの曲をアコギ一本のアレンジで弾いてみたいなど、効果的なアレンジの仕方についても生徒さんの個性に合わせて教えていきます。




今日のまとめです。


アコギ一本でリズム楽器も鳴らしているような弾き方をするには 2拍目と4拍目をミュートする!!


以上、ぽんきちの初心者のためのアコースティックギター講座でした(^_^)ノ







ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


【ギター講座の最新記事】
posted by ぽんきち at 2015/05/26 19:45 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。