有料コンテンツの前に無料コンテンツが必要なのはなぜか?〜心理法則のマーケティングについて(※長文なので暇な時にお読みください)


20200529180807055.jpg






有料コンテンツの前に無料コンテンツが必要な理由は、無名のミュージシャンの場合はまず自分の存在を知ってもらう必要があるからです。



コロナショックの今、無観客ライブで有料コンテンツを前提としたネット配信をする場合、潤うのは名前が知られたミュージシャンだけです。

なぜならば、知らないミュージシャンのネット配信ライブを前払いで観たいと思う視聴者はほとんどいないからなんです。知っているミュージシャンのライブだからこそ視聴者はネットで前払いのボタンをクリックできると思うのです。

それ故に、ぽんきちは無観客ライブが主流になる未来を心配しているんですが、すでに知名度の高いミュージシャンならば遠征に伴う交通費もかからず、リアルなライブよりも圧倒的多数の人たちにライブを視聴してもらえます。その結果、一回のライブ収入はリアルとは比べものにならない金額になる可能性があります。

しかし、無名のミュージシャンの場合は有料コンテンツを前提としたネット配信ライブでは視聴さえしてもらえない可能性が高いので、現状としては無料コンテンツとして配信し、投げ銭制を採用するしかないわけです。

投げ銭ですからライブ収入はあまり期待できませんし、無観客ですから飲食代が稼げないライブバーなどお店の収入も激減するしかない状況になるのは十分に予想されます。

つまり、我々のような無名のミュージシャンが活躍できる場所が消滅してしまう危機を迎えようとしているのが今なんだと思います。

ネット配信できるようになり、それでライブ収入が得られるならば知名度の高いミュージシャンは遠征する理由が無くなります。つまり、地方のライブバーなどには地元のミュージシャンしかライブしていない状況になるわけで、わずかなネット配信による収入を分け合う構造ではやはり存続は難しいということになります。



以上の理由から、ぽんきちは地方のライブバーなど音楽を提供するお店にとって、無観客ライブが主流になることは死を意味していると考えています。

それは、我々のような地方の無名ミュージシャンが活動の場所を失うことでもありますから、ぽんきちはネット配信してもいいけれど無観客ではなく人数制限の有観客ライブにすべきと考えています。

密を避けることはこれからのトレンドというか、すでに常識となってしまったわけですから、満員御礼ライブというものはしばらくはできません。つまり、集客するならば限定するしかありません。

自粛警察の人たちからすれば、無観客ではないこと自体が悪なんでしょうけれど、リアルでしか成り立たないエンタメ関連や飲食業の人たちは、このままでは経済的に死ぬしかないということになります。



では、無名のミュージシャンやそんなミュージシャンばかりが出演するお店はどうすればいいのでしょうか?

上記の考えで申しますと、ぽんきちは無名であってもファンやフォロワーを増やすための活動をするしかないと考えています。

無名のミュージシャンがファンやフォロワーを増やすには音楽的センスを磨くとか実力をつけるとか、スキル的なことばかりを連想しがちなんですが、それは当然過ぎるお話なのでとりあえず横に置いておきましょう。

何よりも大切なのは「そのための活動をする」ということです。ファンやフォロワーを増やすには順番というものがあります。まずは無料コンテンツがあって、次に有料コンテンツなんです。これは「心理法則のマーケティング」と呼ばれるものです。



[フリー戦略]

例えば、デパ地下の試食コーナーですね。まずは無料で試食してもらいます。もしお客様が美味しいと感じてくれたら、その時点で競争の排除が生じます。

つまり、大手メーカーなど他の食品を見定めることなくお客様が自分の商品を購入してくれる可能性が高まります。

試食そのものは無料コンテンツですから、クレームに繋がりにくいというメリットもあります。



[返報性の原理]

例えば、誰かが旅行のお土産を買ってきて配るとします。おそらくお土産を貰った人たちはその人にいずれお返しをしたいと思うはずです。

また、逢う度に一輪挿しの花を相手の女性にプレゼントするとします。彼女は最初は特別な気持ちはなかったけれど、何度となく逢っているうちに何となく気持ちが彼に傾いていくこともあるかもしれませんよね。

とにかく無料でギブする。相手が喜ぶことをギブして何も求めない。それをひたすら続けます。つまり、無料コンテンツをギブすることを習慣化します。相手は無料でその楽しみを享受できるわけですが、その先にある有料コンテンツにも興味を持つ可能性があります。



[単純接触効果]

人間には繰り返し会うと親しみが湧く習性があります。それはネット配信される動画でも同じで、顔出しで無料コンテンツを提供し続けることで視聴者は親しみを感じ、繰り返し会うことで好きになる可能性があります。

多くのYouTuberが毎日顔出しで動画をアップしているのはそういうことです。「繰り返し会うとその人のことが好きになる」という習性が人間にはあるからです。



[失敗を避けたい心理]

誰しも失敗はしたくないものです。成功者の成功した話よりも、むしろ失敗した話により強く興味を持つものです。ですから、常に心のどこかで失敗を怖れている我々は成功者の過去の失敗談に惹かれるのです。

こんな成功者でも過去にはこんなにたくさん失敗していたのか・・・と感じると、その失敗談に共感したり、その人のことが更に好きになったりします。ですから、失敗を避けたい心理は「失敗」というワードに敏感なんです。ブログに過去の恥ずかしい失敗談を書くのはアリだということです。



とりあえず以上が「心理法則のマーケティング」の一部です。

無名ミュージシャンがファンやフォロワーを増やす活動は、まずは無料コンテンツがあって、次に有料コンテンツです。

これは無料でリアルなライブをしましょうという意味ではありません。リアルなライブは有料コンテンツです。しかし、ネットの世界では基本的に音楽は無料提供される時代にすでになっているという意味です。

つまり、ネットの世界では無名ミュージシャンの音楽は無料コンテンツがまず先で、ひたすらギブされるたくさんの無料コンテンツを視聴した人たちの中に未来のファンやフォロワーが存在しているということなんです。

そのファンやフォロワーの中の一部の人たちが有料コンテンツに向かいますから、無名のうちから有料コンテンツ限定にしてしまうと未来においてリスクしかないということです。特にネットの世界ではそうです。



そして、ネットの世界は市場が日本ではなく世界です。特に音楽は国境を越えますから、世界なんです。

そんな世界にはとんでもなく凄い才能のミュージシャンたちが恐ろしくクオリティの高い音楽を発信しています。つまり、クオリティの高さで勝負するならば、彼らに劣らないコンテンツで発信しないとネットでバズるのは難しいということです。

日本のある地方ではトップレベルでも世界規模では底辺かもしれないわけですから、そこを踏まえた上でクオリティの高いコンテンツを発信するのがいいと思います。

ただ、おそらく世界を意識するミュージシャンは滅多にいないと思いますし、地方でトップレベルになれるだけでもたいしたものです。結局は自分なりのクオリティの高いコンテンツで発信すればいいし、音楽的クオリティの高さではないコンテンツを戦略とするやり方もあるはずです。



要は、ブロガーもYouTuberも、一般的なサラリーマンや公務員よりもはるかに稼いでいる若者たちに共通している事実があります。

それは大量の無料コンテンツ先行でファンやフォロワーを獲得した後で、有料コンテンツに誘導するというマーケティングです。

時代は、インターネットは、それを可能にしたということでして、更にコロナショックが我々に突きつけている現実もそういうことなんだとぽんきちは考えています。



最後に、ファンやフォロワーを獲得するにはとても時間がかかります。毎日コツコツと地道に自分の信じる活動や情報発信を続けるしかありません。

時間がかかるということは、その間に経済的にミュージシャンもお店も死んでしまうリスクが十分にありますから、すぐに稼ぎたいならば別業種に転向するしかありません。

今回のコロナショックで痛感したのは、リスク分散のために異なる複数の業種で収入源を持つ必要性があるということです。もし3つの収入源を持つならばその一つは音楽にして自分をミュージシャンとして存在させましょう。

例え月の収入の5万円が音楽で、25万円が別の職種だったとしても、自分の本業はミュージシャンなんだと言えばいいじゃないですか。副業で生活しているだけで本業はミュージシャンなんだと。

本業では自分が本当にやりたいことをしたいんだと。本業を生活費目的にしたらそれができないんだと。今流行りの音楽?そんなもの興味ないんだよ、だから自分は副業で食べているだけなんだと。



これからの時代は一つの職種だけで働く必要はないし、本業だけで生活する必要もないわけですから、本当にやりたいことこそが本業なんだと言える生き方をする人たちが多くなるのかもしれません。今回のコロナショックはそんな生き方の転換を迫るには十分なインパクトがあります。

いずれにしてもミュージシャンはファンやフォロワー無しには仕事になりません。それだけは絶対に言えることですから、地道に毎日コツコツと続けていく活動の中で分析と内容のアップデートを繰り返していくしかないだろうと思います。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html
【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2020/05/30 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。