差別が怖いからお前は帰省するな・・・と母から言われた。


20200806141433080.jpg





【大分県公式サイトより引用】

新型コロナウイルス感染症対策に係る今後の対応について

令和2年8月4日
新型コロナウイルス感染症対策本部

 現在、首都圏のみならず、九州・沖縄地域も含め全国的に感染拡大傾向となっています。本県においても、7月28日に98日ぶりに新規感染者が発生して以降、1週間で10名の患者が確認されました。
 とはいえ、GoToトラベルキャンペーン期間中である直近1週間の新規感染者数は、人口10万人あたり0.88と、全国で12番目、九州で最も低い数値となっています。また、病床利用率についても、3.0%となっており、医療体制がひっ迫している状況にはありません。
 これは、これまでの県民の皆様の感染拡大の防止に向けたご理解とご協力の成果であり、あらためて感謝申し上げます。
 一方、本県における最近の感染例をみると、その要因の殆どは県外での行動や県外の方との接触によるものです。今週末からは、お盆の帰省時期を迎えることから、県民や来県される皆様には以下のことをお願いいたします。

1.県民へのお願い

(1)引き続き、入念な手洗いや咳エチケット、マスクの着用に加え、人と接触する場合には、社会的距離(ソーシャルディスタンス)を確保し、3つの密が重ならないように十分注意するなど、「新しい生活様式」の実践を徹底してください。 

(2)県境を越えた移動については、各地域の感染状況等にも十分留意しながら、臨機に行動してください。 

2.来県される方へのお願い

(1)県外から実家などに帰省される方については、高齢者のいるご家庭もあることから、会食などの際には、対面で座ることや大声でおしゃべりすることのないようにご留意ください。 

(2)旅行で来県される方については、旅館・ホテルにおいては、県と協働で作成した「宿泊施設感染症対策チェックリスト」に基づく感染症対策、飲食店においては、感染症対策をチェックできるサイト「安心はおいしい」の利用によるPOPの掲示等を実施しています。こうした取組にご協力いただいたうえで、旅を楽しんでください。 



以上、これは大分県公式サイトに発表されている内容です。

帰省自粛すべしというほどの状況ではないと大分県の自治体も判断していますが、今回ぽんきちはお盆の帰省を諦めました。理由は「差別が怖いからお前は帰省するな・・・」と母から言われたからです。




最近、ぽんきちの故郷でもコロナ感染者が出ましたが、そのうちの一人は週末に福岡から家族が帰省した高齢者が含まれているとネットニュースで知りました。

都会は人口が多いので感染者数はどうしても多くなりますし、そんな都会からの来訪者が県外移動するとどうしても「ウイルスを運んで来る人間」扱いされてしまいます。

九州の人々は東京や大阪方面からの来訪者を疑うし、九州の各地方の人々は福岡からの来訪者を疑うので、田舎で暮らす人々ほど相対的に「ウイルスを運んで来る対象になる人々」が多くなります。



ぽんきちの故郷は高齢者が多い地域なので帰省を控えるのは意味のあることですが、何ともモヤモヤしてしまうわけです。

最近、地方では感染者を特定すべく人々の間で噂話が蔓延しているそうで、ある程度は予想していたもののぽんきちの故郷でもやっぱり・・・という状況なんです。

若い頃、そんな田舎の気質が嫌で、ぽんきちは18歳の時に都会の福岡で暮らす生き方を選んだんです。こんな田舎で暮らしたくないと、こんなところから早く出て都会で暮らしたいと。



若者たちが田舎を捨てて都会に移り住む気持ちはとてもよくわかります。

今回のコロナ禍での感染者に対する誹謗中傷する独特のあの気質・・・これはやはり都会より田舎の方が酷いのでは?と思いますし、都会人がウイルスを運んで来るという図式が出来上がっている今は、それは更に拍車がかかっているのでは?とも思います。

一人暮らしの母を案じて、故郷に帰って暮らそうと考えているぽんきちですが、コロナ禍の今それはとてもできそうにありません。差別が怖いからお前は帰省するな・・・と母に言わせる田舎の気質がそれを許さない雰囲気を感じています。



おそらく、こんなことを書いても無駄なのはわかっていますが、過疎化で苦しむ地方の方々はなぜ若者たちが田舎を捨てて都会を目指すのか?を考えて頂きたいのです。

それは都会暮らしの便利さだったり、仕事の選択肢の多さだったり、出会いやチャンスの多さだったり、様々なんですが、「田舎の人々の気質に対する嫌悪感」もあったりするということを。

そこから解放されたくて都会を目指す若者たちが多いことも意識して頂きたい・・・こんなことを書いても無駄なんですが、かつてそんな若者だったぽんきちですから、コロナ禍の今はこんなこともつい書きたくもなったりするのです。



もしかしたら自分もすでに感染していて、症状が出ないまま暮らしているのかもしれない・・・そんな当たり前のことを考えられなければ、人情の厚い素朴な人々が暮らす自然豊かな場所さえも「差別という怖い気質の人々が暮らす場所」に変換されてしまいます。

なぜ衰退する地域があるのか?

それは暮らしたくない場所だからです。

差別が怖いと母に言わしめるぽんきちの故郷もこのまま衰退するだけなんでしょうか?



未知のウイルスは怖いですが、暮らしたくない場所にしてしまう人間の心も怖い・・・と思います。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html
【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2020/08/06 14:15 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。