人生100年時代の2千万円不足問題を考える〜なぜ2千万円なのか?


20210120150411560.jpg




今回は年金だけでは2千万円不足する問題を人生100年時代だからこそという視点で「なぜ2千万円なのか?」をシミュレーションしてみます。

まず、今から10年後を想定して、年金支給開始年齢が原則70歳からと考え、30年後の100歳まで生きた場合のシミュレーションをします。



結論としては、年金だけでは月5.5万円が不足するという問題が2千万円問題です。


5.5万円×12ヶ月×30年=1980万円

なので、100歳まで生きた場合、30年で2千万円が不足するということは月5.5万円が不足するということなんです。

つまり、70歳時点で2千万円の貯金があれば100歳まで生きても何とかなりますということなんですが、これは年金額や生活費などに個人差があるので正確な不足分の金額は人それぞれに違うはずです。

今回はあくまでも金融庁が発表した「2千万円が不足する」という未来のシミュレーションを元に書いていますので、月の不足額5.5万円という数字にスポットを当てて更に投資についても考察してみます。



この月の不足額5.5万円なんですが、70歳から貯金で生活費を補填していくと当然ながら毎月貯金は減っていきます。年間で66万円が減るわけですが、30年後には貯金はゼロになります。

しかし、もし70歳時点で貯金ではなく、積立したインデックス投資の資産が2千万円だったとすると、そこから月額5.5万円分の補填をしても30年後も元本は高い確率で減らないのです。

インデックス投資とは平均株価指数(たくさんの銘柄に投資して平均値をキープする)投資のことですが、貯金だと確実に減っていくのにインデックス投資の資産だと減らないのはなぜでしょうか?



投資の世界では「4%ルール」というものがあって、インデックス投資を毎年の資産残高×4%までを限度に定率で取り崩し=売却してもその資産は減らないという分析結果があるのです。

長期的にはむしろ増える可能性が高く、30年後そのまま残っている可能性は95%以上という過去のデータ結果があるのです。長期保有を基本とするインデックス投資は複利効果が働くので4%までの取り崩しならば元本にほとんど影響しないのです。

4%という数字は「資産運用の期待リターン5.5%−インフレ率1.5%=ポートフォリオの実質リターン4%になる」という考え方を根拠にしています。



この考え方をもとに貯金ではなく積立投資による不足分の補填をする場合、取り崩し=売却で発生する税金20%も考慮して試算するとこうなります。


不足分の補填には月5.5万円が必要ですが株の売却益には20%課税されるため、積立投資の取り崩しで補填する場合は課税分を含めた月6.6万円の売却益が必要と考えます。

6.6万円×12ヶ月×30年=2376万円

の投資元本があれば4%ルールで取り崩しすると月平均79200円(税込)の不労収入になります。しかし、月6.6万円の補填ができればいいので投資元本を2千万円で再度計算するとこうなります。


2千万円×4%÷12ヶ月=66666円

税込66666円−税金13333円=53333円

となり、投資元本が2千万円あればインデックス投資の資産を減らすことなく月の不足分5.5万円は積立投資の取り崩し分でほぼ補填できるということになります。



つまり、70歳から年金+貯金2千万円で生活をスタートした場合、100歳までは何とかなりますが、101歳からは貯金ゼロで年金だけになるので生活費は不足してしまいます。しかし、年金+積立投資2千万円ならばほぼ永遠に積立投資の元本は減らないのです。

但し、暴落時の取り崩しは「安く売る」ことになるので取り崩し額や率を減らす(例えば3%にするなど)必要があります。それでも、相場は暴落よりも上昇の方がエネルギーが強いので、積立投資という資産を長期保有していれば、長生きする程に貯金額が減るという心理的なストレスからは解放されるはずです。



要は長生きリスクを考えた場合、同じ2千万円の資産でも貯金と積立投資ではこれほどまでに違うということなんです。そして、長生きリスクに備えるため、国がまずは「つみたてNISA」や「iDeCo」など非課税型の投資信託から始めることを国民に強く勧めている理由が何となく理解できますでしょうか?初心者でも安心して投資に踏み出せるように国は我々に窓口を作ってくれているんです。

貯金はハイパーインフレで預金封鎖などが起こらない限り安全な資産だと言えます。それに対して投資信託はリスクに応じてリターンがありますし、市場というものはリスク無くしてリターンはあり得ません。

短期のトレードは投機(ギャンブル)ですが、20〜30年というスパンで長期保有するインデックス投資は分散型&長期積立が基本でありギャンブルではありません。我々日本人はお金の教育を受けていないため、投機と投資の違いがわからない人たちがたくさんいるのです。投資を知らない人たちが最初にイメージする「あれってギャンブルでしょ?くわばらくわばら・・・」というのは投機のことなんです。



投資のリスクとリターンについては勉強すればするほどわかってきますので、今回のお話はあくまでも「2千万円問題の一般的なシミュレーション」と理解して、興味のある方はネットや書籍などで更に詳しくお調べください。投資で長生きリスクに備えるという意味では高配当株で自分年金(終身年金になるマネーマシーン)を作るという考え方もあります。

以上、今回は「人生100年時代の2千万円不足問題を考える〜なぜ2千万円なのか?」を貯金と投資から考察するというお話でした。失敗しない投資の鉄則は「長期」「分散」「積立」「リバランス」と言われてますから、もし始めるならば一日も早くスタートすべきで、定年退職後からでは遅過ぎるのです。

長生きリスクに備えたいという読者の参考になれば幸いです。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html
【ブログの最新記事】
posted by ぽんきち at 2021/01/25 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。