稼げる人と稼げない人の格差は日々違う情報を見ているから


20210221180555902.jpg




コロナショック以降、中央銀行による量的緩和政策が世界的に実施されていることもあり、稼げる人と稼げない人の格差は広がるばかりです。

特に量的緩和で大量に紙幣が発行されることにより、貨幣価値の低下懸念から市場にだぶついた資金は株や暗号資産などのコモディティに大量に流れています。これが更に株などの資産を持つ者と持たざる者の格差を生み出してしまうのです。

そして、以前から持つ立場の者たちは現在のバブルという機会を見逃すはずもなく、バブルが弾ける前に売り抜けてしまうのです。過度に欲張らずに適正なタイミングで利益確定することも知っていますから、やはり格差は広がるばかりなのです。



持たざる者たちは以前から、そしてこれからもずっと機会損失し続けているわけですが、その理由としてはそもそも稼げる人と稼げない人は日々違う情報を見ているからだとぽんきちは分析しています。格差を生み出す正体はそれだろうと。

例えば、Amazonで以前から買い物をしている人ならば実感していると思いますが、サイトを開くと勝手にお勧めの商品が提示されますよね?これまでの利用履歴をAIが分析して、自分の興味のあるモノたちの情報が優先的にアップされるわけです。

これはGoogleでも同じようなアルゴニズムが働きますから、自分が日々検索したり覗いたりしているサイトから嗜好性が分析されてしまいます。音楽に興味のある人ならば音楽関係の情報が、エッチなことに興味のある人ならばエロ情報が、優先的にスマホにアップされるわけです。



もうお分かりだと思いますが、稼げる人は普段から稼ぐために必要な情報が優先的にアップされるスマホになっているはずなんです。つまり、それだけたくさんの稼げるための情報を常日頃から見ているはずなんです。だから、そのためのノウハウを知ったり、素早くバブルにも乗ることができます。SNSは実際に稼げてる人たちをフォローしているはずです。

一方、稼げない人は稼ぐために必要な情報を見ていない可能性があるのと、もしくは見ているけれど頭の中で納得するだけで全く行動に移していないんです。今の生活に満足していない、むしろ変えたいと願っているのに、ついつい傍観してしまうんです。

例えば、中田敦彦のYouTube大学で投資や資産形成やブロックチェーン技術などの動画をすべて視聴しているのに、資産形成の必要性を感じているから視聴したはずなのに、何も行動を起こさないんです。昨年までの自分がまさにこれでした。

そんな人は結果的に機会損失は相変わらずずっと続いてしまい、スマホには稼ぐために必要な情報はあまりアップもされず、当然ながらバブルに乗ることもありません。



こうやって格差はどんどん広がっていきますが、それでいいんだと、今の自分に満足しているんだという人ならばそれでいいと思います。でも、機会損失をしている今の自分の行動がバカバカしいと思えるならば、明日から行動に移しましょう。必要な情報を吸収するだけで行動に移さなかったら何にも意味がないんです。

おそらく行動に起こさない人は過度にリスクを恐れる性質のタイプなのかもしれません。我々はお金の教育を受けてこなかったし、銀行にお金を預けるだけで資産が倍になった「昭和という特別な時代」の大人たちに育てられたので、投資に拒絶反応があるのは無理もありません。

しかし、リスクがあるからリターンがあるわけで、それはそもそも投資に限らず仕事や恋愛などすべてに共通することです。勇気を出して彼女(彼)に告白したから結婚したり、自分が愛する子供たちの親になれたりしているわけですから。



他のことではリスクがあるからリターンがあると理解できるのに、これまでの人生で何度となくリスクを背負ってリターンを勝ち取ってきたのに、なぜか投資=ギャンブルや詐欺を連想してしまうのです。

その洗脳からいち早く抜け出した人たちが格差の勝ち組なのでしょう。今の時代は資産が資産を生み出すマネーマシーンを持ち、事業収入もしっかりしている人たちが勝ち組だからです。世の中にギャンブルや詐欺は確かにありますが、余剰金でやれば大きなダメージにはならないはずです。

個人的には緊急事態宣言発令で収入が途絶えたりする分野の職業ですから、マネーマシーンという言葉の響きにうっとりしてしまいます。ですから、年末年始から集中的に勉強してマネーマシーンの基礎はすでに作りました。

一転して今年から稼げるようになりましたが、油断は禁物なので欲張らない範囲の投資&投機にしています。あくまでも投資は長期戦略であり、投機は直近の生活費を支える手段に過ぎません。

おそらくコロナショックによる音楽活動の停滞はあと一年は続きます。副業としての投機はしばらくは続けるつもりですが、本業よりはるかに稼げるので正直言って複雑な気持ちです。



結論としては、稼げる人になりたいならばそのために必要な情報が流れるスマホにすること。そして、言い訳をせずにすぐに行動すること。それに尽きるという気がしています。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html
posted by ぽんきち at 2021/02/27 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給料がほとんど上がらない人の貯金だけの場合と投資する場合の比較をしてみた


20210204170252751.jpg





[貯金だけの場合]

手取り年収−年間支出額=資産増加額(貯金)

400万−300万=100万円
(1年目の資産増加額は100万円)

収入支出は同じと考えると翌年は

400万−300万=100万円
(2年目の資産増加額累計は100万+100万=200万円)

更に翌年は

400万−300万=100万円
(3年目の資産増加額累計は200万+100万=300万円)



[投資する場合]

収入−支出+投資=資産増加額

手取り年収−年間支出額+(保有資産×利回り)=資産増加額

400万−300万+(100万×5%)=105万円
(1年目の資産増加額は105万円)

収入支出は同じでも積立&複利効果で翌年は

400万−300万+(205万×5%)=1102500円
(2年目の資産増加額累計は105万+1102500=2152500円)

更に翌年は

400万−300万+(3152500×5%)=1157625円
(3年目の資産増加額累計は2152500+1157625=3310125円)



以上です。

資産増加額の累計は貯金だけの場合は300万円ですが投資する場合は331万円です。3年でこれだけの差額が生じます。

超低金利の今は普通預金はもちろん定期預金でもほとんど資産は増えませんが、投資すると年平均3〜8%の利回りで運用されますから、積立&複利効果も働いて資産は増加する可能性が高いのです。今回のシミュレーションでは利回りを平均5%として資産してみました。



FXや信用取引などレバレッジを効かせたり、短期トレードを繰り返すのは投資ではなく投機(ギャンブル)です。投資はあくまでも長期保有で運用することで資産増加を目指すのが王道とされています。

ハイリスク・ハイリターンとかローリスク・ローリターンという投資の原則は当然あるので暴落のリスクは歴史的に見ると確実にあります。

しかし、20年や30年以上というスパンで考えると市場はずっと成長しています。特に株式は100年以上というスパンで見ると最も成長している市場です。短期スパンで考えて暴落リスクを恐れて投資を避けるのは勿体ない気がするのです。一時的に暴落しても相場はやがて回復するわけですから。



給料はほとんど上がらない。退職金は減らされるばかり。年金も減らされるかもしれないし、受給開始年齢の引き上げはほぼ確実とされている現在において、いくら積み立てても複利効果が働かない銀行貯金だけでは我々はなかなか豊かになれません。


収入−支出+投資=資産増加額

収入・・・なかなか増えないならば好きなことで副業して事業収入を目指す

支出・・・家賃や民間保険などの固定費を見直して減らす

投資・・・長期スパンで積立&複利効果でコツコツと資産増加を目指す



コツコツ貯金するならば投資に回すのが効果的です。ただし、現金には流動性があるのでキャッシュフローの資産を保有することも大切です。今までは銀行預金にだけ投入していた資産の何割かを投資に投入するのがこれからのベストな形かなって思います。

将来の長生きリスクに備えて投資すべきかも・・・と考えながらも、なかなか踏み出せない方々には、上記のようなシンプルなシミュレーションで試算した金額で比較すると頭の中で整理しやすいかも?と。

実際は投資は余剰金の範囲内ですることが鉄則ですから毎年100万円をすべて投資に回す必要はありませんし、そんなこと怖くてできないですよね。



コツコツ積立投資しながら勉強もして慣れていくのがベストです。アインシュタインは「人類最大の発明は複利である」と言ったそうです。

資産は複利効果を狙わないと増えません。複利効果が働かない場所に資産を保有し続けることに疑問を持つことがスタートになりますし、ぽんきちの場合はそうでした。

そもそも現金の持つ流動性というものを犠牲にするならば、それなりの対価を我々は得るべきなんです。それが経済の正しいルールです。

過去30年、失われた10年以降それに応えてきたのが投資の世界です。超低金利時代が続く限り、それはこれからも変わらないのです。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html
posted by ぽんきち at 2021/02/15 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方移住のリスクについて〜ぽんきちの場合


20210128152909143.jpg





大分県南部の離島が故郷のぽんきちは近い将来に実家で母と暮らす選択をするつもりなんですが、なかなか腰が重いのです。

コロナ禍の今は支出を減少させることが必須で、最大の固定費である家賃というコストを無くしたり、年老いた母の側で暮らしたり、いずれ訪れる母の介護生活を送る準備という意味では、すぐに帰るべきなんです。

しかし、ぽんきちの地方移住には深刻なリスクがあるのです。



【南海トラフ地震が起こる可能性あり】

ぽんきちの故郷の島は大分県南部の海岸線近くに位置しています。30年以内に南海トラフ地震が起こる可能性は70〜80%と予測されています。災害リスクの高い地域にわざわざ移住する選択をすることになります。


【人口減少による行政サービスなどの低下】

・公共交通機関の機能低下

故郷の島の人口は恐ろしい勢いで減少しています。3年前まで700人だったのが最近は600人くらいになりつつあります。たまに帰省しても駅のある街ではバスを見かけることは滅多になく、故郷の島へ渡る船は減便必至の状態です。

・生活コストの増加

競合企業が少なく結果的にコスト高になります。車は絶対必要なのでその維持費がかかります。

・インフラが進まない

ネットのインフラは大都会から進みますから5G、6Gの遅れが必至です。その結果ネットビジネスに影響する可能性があります。


【音楽が仕事にならない】

地方になるほど音楽の仕事化は困難になります。故郷から福岡市内までの遠征費用は宿泊費も含めるとかなり割高になります。しかも、遠征には時間がかかるし疲労感も高まります。


【お金にならない力仕事が多い】

浦山の避難道の整備、築30年以上になる家のメンテナンス、地域のボランティア活動など。田舎は人間関係など付き合い重視の生活圏ですからお金にならない力仕事であってもやらないといけません。


【特定疾患に対応できる病院が見つからない可能性】

ぽんきちは長年に渡り特定疾患対応可能な病院での診察や処置を受けています。特殊な処置が必要であるため、地方の病院でどこまで対応可能であるかを調べる必要があります。対応できない場合は都会の病院まで行かないといけません。


【交友関係が縮小する】

人口減少の場所で暮らすということは一般的には交友関係が縮小することを意味しています。特にぽんきちの場合は高齢者ばかりの離島ですからこれは必至です。



とりあえず以上ですが、かなり深刻なリスクを抱えていることがわかると思います。

島には病院もコンビニもありません。台風が来ればフェリーはすぐ運航停止になり島に隔離状態になります。

何よりも、恐ろしいまでの速さで進む人口減少がこの場所に明るい未来がないことを示唆しています。

それ故にぽんきちの腰は重いのです。ただ、何者にも代え難いのはあの海風の爽快感です。春と秋の島の海風は自然の中で生きることの贅沢さ、貴重さを実感させてくれます。

せめて母が生きている間だけでも島で暮らすべきではないか・・・とも考えています。

もうしばらくは悩み続ける日々を送りそうです。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html
posted by ぽんきち at 2021/02/13 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気が付くとアルバムに収められた写真は30代までで、40代からはデータになっていた。


20210128121035900.jpg





アルバムが家に必要なくなったように、読書も音楽もネット経由になったため書棚もCDラックも必要ない時代になってきた。それは必要なくなった分だけ部屋の有効活用ができるスペースが増えるということ。

所有している書籍がすべてAmazon Kindleで読めるようになったり、所有しているCDがすべて音声配信アプリでストリーミング再生できるようになると、我が家の書棚やCDラックの存在価値はほぼ無いに等しい。

それなのに、我々はその時代の変化になかなか気付けず書棚やCDラックを持ち続けようとする。ほとんどもうその本を読むこともなくCDを聴くこともないのに、その分の部屋のスペースを占領され続けている。

我々の問題は、ほとんど必要なくなったモノたちが占領するスペースの分まで毎月家賃を払い続けていることに気付けないことなのだ。



気が付くとアルバムに収められた写真は30代までで、40代からはデータになっていた。40代からの写真を収めたアルバムは我が家にはない。なぜならば写真はすべてデータになり、クラウドで保管できているからだ。

写真と同じことが本やCDにも起こっているし、これからは誰もが車を所有する必要のない時代が近づいている。あらゆる分野のテクノロジーが融合して10年後には別世界の光景が見えている可能性があると予測されている。

まずは無駄なスペースにまで家賃を払い続けている今の自分自身のマインドを何とかしないといけない。稼ぐ力も大切だけど、それ以上に貯める力が必要だし、資産を増やす力も必要だから。

自己投資や大切な人たちと過ごす時間には惜しみなくお金を使えばいいし、それ以外は支出と収入のリバランスを常にすべき。これに意味はあるのか?自分は思考停止状態で無駄なことに支出し続けているのではないか?と疑った方がいい。



低成長の国や社会で生きるにはそのくらいがちょうどいい。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html
posted by ぽんきち at 2021/02/08 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分のやっている音楽が完全に時代のマーケットから外れていると自覚させてくれる音楽番組・・・それが関ジャム


20210124031440951.jpg





さっぱりわからんし、ついていけん・・・

もうヤバいくらい自分が時代から外れてるじゃん!!(゚Д゚;)



先日『プロが本気で選んだ2020年のマイベスト10曲』というテーマで放送された関ジャムを観て、自分がおさーんであることは自覚していましたが、すでにシーラカンス状態だということを思い知らされました(^_^;)

現在のJポップシーンがよくわかる内容だったんですが、紹介されたトレンドのミュージシャンでぽんきちが知っていたのは藤井風くらいでした。

これって自分の嗜好性が時代のメジャーなマーケットから完全に外れているという現実を知るには十分な内容でしたが、やはりニッチなマーケットの中で生きていくしかないんだなぁと。

気付いてはいたはずなんですが、ここまで時代から取り残され感を見せつけられると、浦島太郎的な寂寥感というか、俺って骨の髄までおさーんになったんやね・・・みたいな(・・;)



アフターコロナはわかっちゃいるけど相変わらずニッチなおさーん道まっしぐらの音楽人生なんやろね。

音楽活動が凍結状態でただでさえヤバい状況を生きてますが、そんなことを再確認した緊急事態宣言自粛中のぽんきちでした。お、お、おさーん!!(`_´)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html

posted by ぽんきち at 2021/01/31 03:15 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生100年時代の2千万円不足問題を考える〜なぜ2千万円なのか?


20210120150411560.jpg




今回は年金だけでは2千万円不足する問題を人生100年時代だからこそという視点で「なぜ2千万円なのか?」をシミュレーションしてみます。

まず、今から10年後を想定して、年金支給開始年齢が原則70歳からと考え、30年後の100歳まで生きた場合のシミュレーションをします。



結論としては、年金だけでは月5.5万円が不足するという問題が2千万円問題です。


5.5万円×12ヶ月×30年=1980万円

なので、100歳まで生きた場合、30年で2千万円が不足するということは月5.5万円が不足するということなんです。

つまり、70歳時点で2千万円の貯金があれば100歳まで生きても何とかなりますということなんですが、これは年金額や生活費などに個人差があるので正確な不足分の金額は人それぞれに違うはずです。

今回はあくまでも金融庁が発表した「2千万円が不足する」という未来のシミュレーションを元に書いていますので、月の不足額5.5万円という数字にスポットを当てて更に投資についても考察してみます。



この月の不足額5.5万円なんですが、70歳から貯金で生活費を補填していくと当然ながら毎月貯金は減っていきます。年間で66万円が減るわけですが、30年後には貯金はゼロになります。

しかし、もし70歳時点で貯金ではなく、積立したインデックス投資の資産が2千万円だったとすると、そこから月額5.5万円分の補填をしても30年後も元本は高い確率で減らないのです。

インデックス投資とは平均株価指数(たくさんの銘柄に投資して平均値をキープする)投資のことですが、貯金だと確実に減っていくのにインデックス投資の資産だと減らないのはなぜでしょうか?



投資の世界では「4%ルール」というものがあって、インデックス投資を毎年の資産残高×4%までを限度に定率で取り崩し=売却してもその資産は減らないという分析結果があるのです。

長期的にはむしろ増える可能性が高く、30年後そのまま残っている可能性は95%以上という過去のデータ結果があるのです。長期保有を基本とするインデックス投資は複利効果が働くので4%までの取り崩しならば元本にほとんど影響しないのです。

4%という数字は「資産運用の期待リターン5.5%−インフレ率1.5%=ポートフォリオの実質リターン4%になる」という考え方を根拠にしています。



この考え方をもとに貯金ではなく積立投資による不足分の補填をする場合、取り崩し=売却で発生する税金20%も考慮して試算するとこうなります。


不足分の補填には月5.5万円が必要ですが株の売却益には20%課税されるため、積立投資の取り崩しで補填する場合は課税分を含めた月6.6万円の売却益が必要と考えます。

6.6万円×12ヶ月×30年=2376万円

の投資元本があれば4%ルールで取り崩しすると月平均79200円(税込)の不労収入になります。しかし、月6.6万円の補填ができればいいので投資元本を2千万円で再度計算するとこうなります。


2千万円×4%÷12ヶ月=66666円

税込66666円−税金13333円=53333円

となり、投資元本が2千万円あればインデックス投資の資産を減らすことなく月の不足分5.5万円は積立投資の取り崩し分でほぼ補填できるということになります。



つまり、70歳から年金+貯金2千万円で生活をスタートした場合、100歳までは何とかなりますが、101歳からは貯金ゼロで年金だけになるので生活費は不足してしまいます。しかし、年金+積立投資2千万円ならばほぼ永遠に積立投資の元本は減らないのです。

但し、暴落時の取り崩しは「安く売る」ことになるので取り崩し額や率を減らす(例えば3%にするなど)必要があります。それでも、相場は暴落よりも上昇の方がエネルギーが強いので、積立投資という資産を長期保有していれば、長生きする程に貯金額が減るという心理的なストレスからは解放されるはずです。



要は長生きリスクを考えた場合、同じ2千万円の資産でも貯金と積立投資ではこれほどまでに違うということなんです。そして、長生きリスクに備えるため、国がまずは「つみたてNISA」や「iDeCo」など非課税型の投資信託から始めることを国民に強く勧めている理由が何となく理解できますでしょうか?初心者でも安心して投資に踏み出せるように国は我々に窓口を作ってくれているんです。

貯金はハイパーインフレで預金封鎖などが起こらない限り安全な資産だと言えます。それに対して投資信託はリスクに応じてリターンがありますし、市場というものはリスク無くしてリターンはあり得ません。

短期のトレードは投機(ギャンブル)ですが、20〜30年というスパンで長期保有するインデックス投資は分散型&長期積立が基本でありギャンブルではありません。我々日本人はお金の教育を受けていないため、投機と投資の違いがわからない人たちがたくさんいるのです。投資を知らない人たちが最初にイメージする「あれってギャンブルでしょ?くわばらくわばら・・・」というのは投機のことなんです。



投資のリスクとリターンについては勉強すればするほどわかってきますので、今回のお話はあくまでも「2千万円問題の一般的なシミュレーション」と理解して、興味のある方はネットや書籍などで更に詳しくお調べください。投資で長生きリスクに備えるという意味では高配当株で自分年金(終身年金になるマネーマシーン)を作るという考え方もあります。

以上、今回は「人生100年時代の2千万円不足問題を考える〜なぜ2千万円なのか?」を貯金と投資から考察するというお話でした。失敗しない投資の鉄則は「長期」「分散」「積立」「リバランス」と言われてますから、もし始めるならば一日も早くスタートすべきで、定年退職後からでは遅過ぎるのです。

長生きリスクに備えたいという読者の参考になれば幸いです。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html
posted by ぽんきち at 2021/01/25 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きることとは殺すこと


20210117025631884.jpg




出来の悪い子供は6歳になると出荷される

出来の良い子供は12歳になるまでに出荷される

その中でも特に頭の良い子供の脳は最上級品とされる

彼らは鬼の餌になるためママと呼ばれるブリーダーに育てられ、最長12歳まで共同生活をする。

千年前に鬼と人間は「鬼は人間を襲わない。その代わり、人間は鬼の餌になるための子供たちを飼育し与える。」という契約を交わし、それはずっと守られている。



ストーリーの面白さは『鬼滅の刃』以上では?との評判が高い『約束のネバーランド』のアニメシリーズを、最近ぽんきちもやっとAmazonプライムで視聴しました。

約ネバは評判どおりめっちゃ面白いです。今のところAmazonプライムで無料視聴できるのはエピソード1のすべてとエピソード2の途中までです。

ウィキペディアの一部を引用していますのでまだ観ていない方は参考にしてください。


物語は、主人公達が「鬼」と呼んでいる種族が運営する、人間を食用の家畜として飼育するグレイス=フィールド(GF)ハウスという農園(表向きは孤児院)から始まる。

時代設定は、物語が開始した時点で2045年となっており、農園内で得られる情報から少なくとも2015年までは人間によって本が出版されていたこと、鬼に食われない人間たちがいる「外の世界」が存在していることが判明した。

ソンジュの話によると、かつての世界では農園は存在しておらず、鬼は人間を襲って食べる生活をしていたが、鬼に服する人間もいれば逆に鬼を憎み武装して食われた数以上の鬼を殺す人間達もいたとのこと。

果てのない殺し合いと恐怖に互いが嫌気を指していた時に人間側から「人間は鬼を狩らない、だから鬼も人間を狩らない。お互い世界を棲み分けよう」という提案がなされた。

この『約束』こそが全ての始まりで、これによって世界は人間の世界と鬼の世界の2つに切り分けられ、2つの世界は断絶することになった。エマたちの先祖は、その時に鬼側の世界に置いて行かれた「土産」で、鬼は約束を守り農園で人間を管理、養殖を続けるようになった。


以上、『約束のネバーランド』Wikipediaの世界設定より一部引用



原作は少年ジャンプに連載されている漫画ということなんですが、とても示唆に富んでいて大人が観ても十分楽しめます。

農園で平和に暮らす子供たちの中に、ある日「自分たちは鬼の餌になるために育てられ出荷される人間」だという真実に気付いた子供たちが現れます。農園を脱出しようとする主人公の少女エマに対し、育て親のママは「運が良ければ12歳まで何不自由なく幸せに暮らせるの。抵抗しようとするから苦しいの。運命を受け入れて楽になりなさい。」と説得するあたりとか。

必死の覚悟で農園を脱出した後、『信仰のため人間を食べないと決めた鬼』に森の中で助けられ、エマはそんな鬼から狩りの仕方を教わります。「これから私たちは自分の力で食料を獲得しないと生きていけません。どうか私に狩りの仕方を教えてください。」と言って、初めて自分の弓矢で野鳥を殺すあたりとか。



そうなんです。生きることとは殺すことなんです。かつては鬼が生きるため(実際は贅沢な食事をするため)に自分たちが殺される運命だったのです。鬼の食料となる家畜として育てられ12歳になる日までに死んでいく。

そんな家畜としての運命を抱えた子供たちがこの物語の主人公で、彼らは「私たちは人間なんだ、鬼に食べられるなんて嫌だ!!」と叫びます。

殺される側の家畜には「○○に食べられるなんて嫌だ!!」という魂の叫びがあるはずで、現実世界での我々人間は自分たちに都合のいい解釈をして食生活を楽しんでいます。



エマを助けた『信仰のために人間を食べないと決めた鬼』のように、本当は我々人間も家畜など必要なくても生きられますよね?ベジタリアンの人たちがそれを証明しています。

でも、我々は家畜の魂の叫びを無視して、せめて「そんな命に感謝して美味しく全部食べよう」というくらいの感覚で肉を食べています。でも廃棄される食品ロスが凄まじい現実を考えると、我々はそんなに感謝もしていないのかもしれませんよね。

我々の食料となった肉に宿っていた魂たちは、死ぬ直前までエマと同じように叫んでいたはずなのに。



我々は自分以外の命を殺さないと生きていけないのです。

約ネバは生きることとは殺すことという当たり前の事実を改めて考えさせてくれるアニメだなぁと感じました。

『鬼滅の刃』も面白いですが『約束のネバーランド』も面白いです!!







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html


posted by ぽんきち at 2021/01/24 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安を煽り安心を売る 要らないものを必要なものとして売る


20210116181215916.jpg





大企業のマーケット戦略というものは凄まじいものがあって、人間がものを買う心理の研究や分析を徹底的にやった上で商売をしていると言われています。

本来は必要ではないものをマーケット(市場)に登場させ、それは必要である、必須であると宣伝し、ある種の常識というものを作り出してしまいます。

以前は無かったものを新常識として登場させ、今ではすっかり常識として定着している。そして、気が付くと我々は何十年もその常識の中で生きてしまっていたりするのです。

すべては人間がものを買う心理を研究して生み出された商品やサービスだったりします。大企業には世の中にニーズを生み出すパワー(アイデアと資金力)があるのでそれが可能だったりします。



誰もが抱えている○○という不安を少しでも解消するには○○があれば安心ですよね・・・とか。

以前は存在しなくても何一つ不満もなく生活できていたのに今では当たり前に毎日使っている○○とか。



人間が潜在的に抱えている不安を煽ったり、本当は無くても何とかなるのに必需品にしてしまったり・・・そんなマーケット戦略は莫大な利益を生み出すので、大企業は研究や分析を重ねてセールスマーケティングを確立しているはずです。

そんな戦略に乗った社会構造の中で我々は高度経済成長期以降の時代を生きてきました。死や成人病や事故などは誰もが抱えている不安要素の代表格ですが、だからこそ保険という多額の商品は当たり前に売れてしまうのでしょう。

例えば、洗髪だって以前は、おそらく戦前まではお湯だけで十分だったはずです。今でこそ石鹸やシャンプーを使わないという人たちも現れていますが、まだまだ圧倒的に少数派でしょう。タモリさんや福山雅治さんはお風呂で石鹸を使わないとか、そんな有名人も少しずつですが現れてますよね。



我々が子供の頃から当たり前に周りの大人たちや親から教えられてきた常識というものは、実はそんな大企業のマーケット戦略の上に作られてきたものがきっとたくさんあるだろうと。

そして、それは今でもそのほとんどが我々にとっての常識として定着してしまっています。一旦常識として定着し、何十年もそれを当たり前として続けてきたことは、なかなか変えられるものではありません。

しかし、もしも「その常識って本当に必要なのかな?」と少しでも思えたならば、実験や試してみてもいいと思います。

例えば、シャンプーを止めて湯洗いだけで1ヶ月試してみるとか・・・それで脂っこい重たい髪になるだけじゃん!!って感じたならば湯洗いを止めればいいし。臭い匂いもしないし髪本来の艶とコシの強さが戻ってきたと感じたならばずっと続ければいいし。



とにかく、新たな知識を得たならば、それを元に自分で考え、行動し、試してみる。人生を変えるのは、そんなほんのちょっとのきっかけだったりするのです。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html
posted by ぽんきち at 2021/01/23 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年金の運用益は10兆円マイナスでしたというニュースに怒ることの愚かさについて


20210113145202812.jpg





「昨年の年金の運用益は10兆円のマイナスでした。私たちの年金が一年で10兆円失われたことになります。」

数年前にこんなニュースを見てぽんきちは「国は大切な年金を勝手に資産運用してこんなに損失を出してけしからん!!」と怒ったりしました。

しかし、金融リテラシーの高い人たちはこんなニュースを見ても至って冷静なんだそうです。なぜならば、彼らは国が年金の堅実な資産運用をして3%ほどの利益率をキープしていることを知っているからです。

3%の運用益というのは投資の世界では優秀な方らしいのです。国は株式や国債などに均等分割したリスクの低いポートフォリオを組んで分散投資の運用をしているそうなんです。



つまり、普段から投資をしている人たちは相場は常に動いていて、年金の資産運用で10兆円の損失を出す年もあれば、それ以上の利益を出す年もあることを知っているわけです。長期のスパンで見ると3%の利益率なんだから国は健全な運用をしていると判断できているわけです。

問題はそれを知らずに「国はけしからん!!」と怒ったりする人間の短絡さと、そういう風に理解しても仕方ないニュースの伝え方をするマスコミの姿勢にあります。

昨年はたまたま10兆円の損失を出しているけれど長期スパンで見ると健全であること。年金の資産運用は堅実なやり方をしていることをマスコミは初めから伝えるべきだと思いませんか?なぜ「国の年金が資産運用の結果10兆円の損失となりました。」という部分だけ切り取って伝えるのか?

まるで金融リテラシーの低い国民性を知っていて、わざと不安を煽るような報道の仕方をしているわけですが、これはきっと意図があるわけですよね。こういうことは枚挙に暇がないというか、マスコミの常套手段ですから、とにかく我々自身が普段から本当のことを知る努力をするしかないのです。



例えば、コロナ禍で庶民が苦しい時だから低金利政策を続けてお金を市中に流通させ、雇用の拡大を図るとか、特別定額給付金で国民に一律10万円支給するとか、国は我々の生活を支えてくれています。

そして、現在は世界的なパンデミックで世界恐慌のリスクを抱えた状況が続いていますから、各国の中央銀行は株の暴落を抑えるために株価の買い支えをして企業を支えています。それ故に今は株バブルの様相を呈していて、それなりのリスクも抱えている状況です。

とにかく、国は庶民や企業を守るために必死なわけですが、これらの政策は庶民の生活水準は下がるか平行線のどちらかなんです。しかし、結果的に生活水準の高い富裕層を更に豊かにしてしまうのです。

雇用拡大のために超低金利政策が続く→株価の買い支えのために紙幣増刷の量的緩和政策が続く→紙幣の価値が下がり株価が上がる→株を大量保有している富裕層が更にお金持ちになる

つまり、庶民を助けようとすると富裕層が更に大金持ちになるシステムになっているのです。



庶民の生活は豊かにならず、富裕層ばかりが豊かになる・・・ここで「国はけしからん!!」と短絡的に怒るのは上記の年金問題のケースと同じなのかもしれません。なぜならば、国は庶民の生活も守ろうとしているわけです。雇用を拡大するためにお金をたくさん流通させたり給付金を支給したりしているわけです。

しかし、結果的に庶民を守ろうとする政策は企業を守る政策でもあって、その金融政策は株式を大量保有する富裕層の資産を増やしてしまう政策でもあるわけです。つまり、我々は資本主義社会というものをしっかり理解しないといけないのです。

資本主義社会の中で生きているという現実を理解していれば、現代社会の闇である格差拡大を短絡的に悲観したり怒ったりすることはあまり無くなるかもしれません。とにかく資本主義社会の仕組みを知って、我々にもできる対策を考えればいいのです。

それほど株式を保有する人間が美味しい果実を得る社会構造があるならば、我々もその果実の分け前を貰うために行動を起こせばいいのでは?とか、資本主義社会を生きる我々が考えるべきことはきっとあるはずなんです。



年金の運用益は10兆円マイナスでしたというニュースに怒ることが愚かであること・・・最近も損失があったそうなんですが、要は収益率の大きさに注目して長期スパンで分析する視点を持つことができれば短絡的な判断を避けることができるわけです。

ちなみに「公的年金の積立金運用」でネット検索すると厚生労働省のHPからGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用状況を知ることができます。累計収益額と単年度収益率の推移をグラフで見ると右肩上がりに収益が伸びているのが一目瞭然でわかります。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/zaisei/tsumitate/index.html



つまり、全体的なシステムを理解しましょうということなんです。近視眼的ではなくシステム全体を見ることが大切で、資本主義社会には矛盾点があるわけだけど、それならばどうするか?を考えればいいと。

とにかく知らないまま生きているから搾取されたり無駄なことをしたり馬鹿を見るわけで、知ろうとすることがスタートになるはずです。

まずはスタート地点に立ちましょう。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html
posted by ぽんきち at 2021/01/17 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと3人必要だった・・・でも見つからなかった。だからアコースティック・デュオを始めた。


20210110033541898.jpg





以前からアコースティックギターは嫌いではなかった。でもアコギって家で弾くものだと思っていた。

なぜならば、俺は16歳からずっとエレキギターを弾いてきたから・・・ライブ=バンド活動だったから。

バンド活動をするには自分以外に最低でもヴォーカルとベースとドラムが必要だった。キーボードは居ても良いがとりあえず自分がギターを弾くので何とかなる。

つまり、俺は常に3人のメンバーを求めていた。あと3人いればバンド活動はできるという人生をずっと生きてきたし、何とかそれを続けることができていた。



バンドというものはまるで社会の縮図のようだった。

やる気のある者、ない者、勝手に辞める者、転勤で抜ける者、メンバー間で恋愛する者、やりたい音楽ができないと不満を持つ者、バンドなんて妥協しないと続かないと悟る者、オリジナルじゃないと存在する意味がないと言う者、アマチュアが作るオリジナルなんてほぼクソだと言う者・・・

まさに社会そのものだった。でも、そんなバンドというものがあの頃は好きで仕方なかった。俺は一生エレキギターを弾いて生きていくと信じて疑わなかった。



40代になった頃からそれまでずっと続けられていたバンド活動が停滞するようになった。若い頃と違ってメンバーが見つからなくなったのだ。やっと見つかったと思ったらすでに3年もライブしていなかった自分がいたりした。

そして、相変わらずバンドは妥協の産物だった。自分が目指すものはどうしてもできなかった。それは自分以外に3人必要なためだった。それぞれのやりたいことがぶつかり合い、気持ちのベクトルが分散してしまうのだ。

もし、あと1人だけ必要ならばどうだろう?ギタリストである自分とヴォーカルだけならば・・・2人編成のバンドならばもっとやりたいことができるのでは・・・



それから間もなくして、俺はエレキギターを置いてアコースティック・デュオでユニット活動を始めていた。あれから15年近くが経って、今ではすっかりアコースティック・ギタリストとして認知されているけれど、エレキ時代のアンプやエフェクターなどは遺物のように自宅に眠っている。

戦争が終わって戦車の残骸が原っぱに佇んでいるような、そこまで風化はしていないけれど、使われないアンプやヴィンテージな古いエフェクターたちはそんな感じがする。



15年前はまだ「ぽんきち」ではなかったのだ。アコースティックに転向した時にぽんきちと名乗ることを決めた。

まだ15年と言うべきなのか、もう15年と言うべきなのか、自分でもよくわからない。

ただ、あと3人必要だった・・・でも見つからなかった。だからアコースティック・デュオを始めたという選択が、その後の自分の運命を決定的に変えてしまったのは間違いない事実だ。

正直言って、こんなに人生が変わるなんて15年前は全然思っていなかった。



つまりはライブ活動を続けるためにその時必要だった選択をしただけなのだ。それがこんなにも人生に変化を与えることもある。

大好きなことを続けたいという気持ちがあって、そのための行動をしていると、人生は大きく動くものなんだと知った。そして、リスクを取る選択・・・大きなものを捨てると更に人生は大きく動くものだということも。

良いとか悪いとかではなく、たくさんの好きなことに包まれながら、揉まれて生きている気がする。こんなコロナ禍だから悩みや苦しみは当然あるわけだけど、その真っ只中で自分は生きているんだなと感じる。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY

ギタリストぽんきち生配信専用チャンネル(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCKCk1hl_fs1oZtZ6iHhzKHg

ギタリストぽんきちラジオ(stand.fm)
https://stand.fm/channels/5f4bdc036a9e5b17f7610247

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ライブ出演、ギターアレンジ、サポート演奏等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.net/article/455309812.html

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.net/article/400037289.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://guitaristponkichi.net/article/400037134.html



posted by ぽんきち at 2021/01/16 00:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする