フィンガーピッキングのギタリスト向けギター講座〜ベースコートをつけ爪にする方法について




弦を弾く右手の爪のお手入れについてはずっと試行錯誤しているぽんきちなんですが、今回のギター講座は「ぽんきちは今のところこの方法で落ち着いています」という内容で書きます。

結論から申しますと、ベースコートを重ね塗りすることで自分の爪の形に合ったつけ爪を自然に作ることができるんです。ですから、今回のお話の肝は「ベースコートを使って自分でつけ爪を作ってしまいましょう!!」ということです。



ラスゲアード奏法など激しいプレイをすると爪のコーティングが剥がれてしまうのが嫌だったので、ぽんきちはある時期に強力瞬間接着剤を使っていたこともあるんです。

それで激しいプレイにも耐えられるようになったんですが、しばらくすると表面がひび割れするんです。爪切りを使う時もやっぱりひび割れてしまうので強力瞬間接着剤を使うのは止めました。

基本的に以前からぽんきちが爪に直接塗って爪強化剤にしているのがカルシウム入りのアメリカ製ベースコートです。


20200526164150418.jpg

https://www.opijapan.com/products/nailtreatments/strengthner.html
O.P.Iナチュラルネイルストレンスナー


これはAmazonで2200円くらいで販売しています。ぽんきちは光沢のあるタイプを使っていますが、仕事の都合で光沢があると困るという方は光沢が無いタイプも選べます。

このベースコートは速乾性なので以前は一日で何度も重ね塗りしていました。しかし、それは良くないことに気付いたんです。速乾性とは言ってもやはり一日一回塗って乾かした方が定着率が高いんです。

最近はゆっくり時間をかけて10回くらい塗るようにしています。その結果かなり厚みのあるベースコートのつけ爪状態になります。

そして、やはり激しいプレイをすると自然にコーティングが剥がれてしまうのですが、それを捨てずにつけ爪として再利用しています。爪にベースコートを一度塗り、その上から剥がれてしまったつけ爪状態のコーティングを被せます。

更にその上からまたベースコートを塗ります。するとまたしばらくは安定した状態をキープできるんです。これはかなり経済的にもお得ですし、わざわざ10日間かけてコーティングし直す必要も無くなります。



次に爪切りですが、一時期ぽんきちは爪切りは使わずにガラス製のヤスリだけで爪の長さを調整していました。特に強力瞬間接着剤を使っていた頃はひび割れ防止の意味でそうしていました。しかし、それだと頻発にヤスリで調整する必要があるので煩わしいんです。

ベースコートのつけ爪状態になってからは爪の長さの調整は爪切りをメインに使っています。


20200526164202900.jpg

https://www.suwada.co.jp/products_ja/nailnippers
諏訪田製作所の爪切り


この爪切りは職人技の一品でAmazonで5500円くらいで販売していますが、めっちゃ切れ味が良いです。元々は父親の足の巻き爪を切るために買ったんですが、父が亡くなってからは自分の爪切りとして使っています。



爪切りで伸びた先端部分を切った後はガラス製のヤスリで長さを2〜3mm程度に調整します。


20200526164214753.jpg

このヤスリは長崎旅行のお土産で買ったので値段は憶えていませんが、磨り硝子で作った工芸品なんです。

以前は100円均一のお店で買える安いヤスリを使っていましたが、やはりヤスリはガラス製がいいですね。少々高くても長く使えるのでぽんきちはお勧めします。

気をつけないといけないのは、ベースコートの重ね塗りはヤスリを強く爪先に押しつけてしまうと剥離しやすいので、軽い力で削るようにしてください。



以上ですが、以前はなるべく剥がれないコーティングを狙っていたんですが、今はコーティングは激しいプレイをすれば剥がれるものなんだと。だから、剥がれてしまったコーティングは捨てずにつけ爪として再利用すればいいという考え方に落ち着いています。

今回のギター講座は「ベースコートをつけ爪にする方法について」でした。

フィンガーピッキングのギタリストにとって参考になれば幸いです(^_^)ノ







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)http://guitaristponkichi.net/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/05/26 16:43 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギターの上達が数年間止まっているギタリストのためのギター講座〜@コピーしてAアナライズしてB落とし込むことをしよう。


20200512182852066.jpg





よく考えてみたら俺って5年前から全然ギターが上達してないとか、下手すると10年前から上達してないかも?とか・・・

でもコピーは時々してるんだけどなぁとか・・・なぜ上達が止まってしまったんだろう?おさーん・・・みたいな(・・;)

今回はそんな中級者ギタリスト向けのギター講座です。



結論から申しますと、上達が止まってしまうのは@コピーしてAアナライズしてB落とし込むという作業をしていないことが最大の原因なんです。

コピーするだけでは上達に限界があって、アナライズ(分析)した上で自分で落とし込み(曲を作ったりアレンジする)をすることで、コピーした曲のアイデアなどがやっと自分の中で消化できたり取り込みできたりします。

ですからコピーだけでは応用力が身に付かないので、コピーした直後は上達したような気がするのですが、他の曲に応用できるまでの能力開発が磨かれないんです。

特にAアナライズをしていないために自分の中にB落とし込むことが不十分になっていて、その状態をずっと繰り返しているため5年前から上達していない、下手すると10年前から上達していないギタリストになってしまうんです。



一般的にコピーして自分の中に落とし込むというのは何となくわかりやすいですよね。要するにコピーした曲やフレーズなどを別の曲(自分のオリジナルやカバーなど)に応用するということです。

問題はアナライズ(分析)とは何ぞや?ということなんですが、これはコード進行のパターンやフレーズを度数分析したりスケール分析して、音楽的にその意味を理解するということなんです。

そのためには音楽の基本となるダイアトニック・コードを理解して、TM7 Um7 Vm 7 WM7 X7 Ym7 Zm 7(♭5)という1〜7までの度数表記(ディクリーネーム)でコード進行を考える癖をつけます。

例えば、Um7 →X7だからツーファイブ進行だよねって感じで、常に度数でコード進行を考えるようにします。



同じく、フレーズについても度数分析をして使われているスケールの種類を理解します。ドリアンやミクソリディアンなどいわゆるモードの特徴音に注目したり、ここはペンタトニックが使われているとか、小節ごとにスケール分析をします。

となりますと、コードやスケールを度数で理解するということがアナライズ(分析)には必須ということになりますよね。

ですから、キーがC(ハ調長)ならばドレミファソラシド= C D E F G A B C =R 2 3 4 5 6 7 R で理解するようにして、とにかく音を度数で考える癖をつけます。

しかも、音を度数で考える癖がつくとキーが変わってもギターの場合はポジションが移動するだけで形は変わらないことが多いのでとても便利なんです。



結論としては、ギターが上達するためのアナライズ作業には音を度数で理解して分析することが必須ですから、まずは度数で考える癖をつけましょう。

CM7もBm7(♭5)もAsus4も、数字で表記されている音はすべて度数なんです。ですから音を度数で考えるのは基本中の基本なんですが、我々はあまりにもコードを形として理解し過ぎていて、度数としての理解を深めないまま長年ギターを弾いていたりします。

ギターの上達が数年間止まっている自分を上達できる自分に変えるには@コピーしてAアナライズしてB落とし込むという作業が必要です。

その作業をするためには音を度数で考える癖をつけてダイアトニック・コードやモードスケールなどを理解する必要があります。ダイアトニック・コードは理解しているけれどモードスケールってイマイチよくわから〜ん(゚Д゚;)って方々は多いのかもしれませんね。

それならばAアナライズの必要性の認識がこれまで全くなかった方は、まずは度数からスタートしましょう!!



以上、今回はギターの上達が数年間止まっているギタリストのためのギター講座でした(^_^)ノ








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(YouTube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/05/17 00:05 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メジャーセブンのオン(分数)コードを使ったアプローチ(1弦5度トップのM7系コード)について


20200319214342508.jpg





今回は中級者ギタリスト向けのギター講座です。

1弦が5度の音になるメジャーセブンコードを押さえて、ベース音は5弦開放のAのままオンコードで展開していくアプローチがテーマです。

詳細については動画で実際にギターを弾きながら説明しています。参考になれば幸いです(^_^)ノ




https://youtu.be/mhKqInv_gSc








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2020/04/18 00:05 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽理論が苦手なギタリストのためのギター講座〜音楽的なオブリが弾けるドミナント・モーションについて





https://youtu.be/Hetk1_Dzsms





今回のギター講座は中級者ギタリスト向けなんですが、いわゆる4度進行の定番でもあるドミナント・モーションについて動画で説明しています。

例えば、ギター伴奏でG7→CM7という4度進行のコード部分を狙ってオブリを弾くと音楽的なアプローチになる効果が期待できます。

今回の動画ではドミナント・モーションを理解する上で前提となるダイアトニック・コードについて最初に簡単な説明をしています。



動画の中で言い忘れていますが、セカンダリー・ドミナントのコードにおけるキーはそれぞれ以下のようになります。


C7→FM7のコード進行(C7ではキーがF)
E7→Amのコード進行(E7ではキーがAm)
A7→Dm7のコード進行(A7ではキーがDm)



詳細については動画をご視聴ください。中級者ギタリストにとって参考になれば幸いです(^_^)ノ








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2020/04/10 00:05 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それ以上練習しない&それ以上ライブで演奏しないことのすすめ


20200310141650766.jpg





・練習でゆっくりした速さで10回弾いて50%以上の確率で失敗するフレーズはそれ以上は練習しない。


・ライブで10回演奏して一度もマッチング感が得られない曲はそれ以上は演奏しない



これは最近ぽんきちが感じていることなんですが、それ以上はやらない方がいい、やり続けるのは百害あって一利なしというテーマのギター講座です。



【それ以上練習しない】

まず練習ですが、たった10回で諦めるのはあんまりでは?という気もすると思うかもしれませんが、とりあえずめっちゃゆっくりした速さで弾いてみてください。それでも失敗する場合は別の練習を検討した方がいいです。

なぜかと申しますと、練習には順序というものがあるからなんです。もし上記のケースならば、そのフレーズが弾けるための基本的なスキルが無い可能性が高いのです。例えばそのフレーズに対応できるスケールを知らない、もしくはそもそも普段からスケール練習をしていないなどです。

そのフレーズを弾くために必要な基本的スキルが無い状態でずっと練習し続けると「失敗したフレーズが脳内や体にインプットされてしまう」ということになります。これってまさに百害あって一利なしなんです。そうなると練習では時々は成功していても本番のライブでは高い確率で失敗します。



つまり、音楽には原則として根性論は不要なんです。毎日5時間以上練習したとしてもその中身が間違っていたら、毎日1時間だけ正しい練習をしている人には到底叶わないんです。

ギターを始めてまだ数年なのにあなたプロなんですか?(゚Д゚;)って人がたまにいますけれど、彼らはずっと正しい順序でスキルアップできている人たちなんです。

一般的にそんな人は特別センスが優れているとか天才なんだろうとか認識されてしまいがちなんですが、センスの有無云々が問われるのは正しい順序でスキルアップした後からの話でして・・・ほとんどの人たちがある程度はギターが上手くなるのは、とりあえずそこまでは正しい順序で練習できていたからです。

ところが、途中からスキルアップが止まってしまうんです。おそらくぽんきち世代はほとんど人たちがどこかの時点で止まっていると思いますが、それは練習の中身がアップデートできていないからです。



もし繰り返し同じフレーズを練習するならば、ゆっくりした速さで正確に弾けるならば意味があると思います。我慢強くゆっくりと続けていけば、いずれ本来の速さでも弾けるようになるはずです。ここでやっと根性論も適用できるようになるわけです。

とにかく失敗を繰り返す練習はリスクが高いし、練習とはそういうもの(失敗を繰り返すのが当たり前)だと認識しているが故にスキルアップが止まってしまうんです。

ゆっくりと正確に弾ける状態を繰り返すことで脳内と体にやっと正しい情報がインプットされますから、そういう意味での正しい順序というものを常に考えて練習することが肝心なんです。



【それ以上ライブで演奏しない】

次にライブ演奏ですが、10回演奏して一度もマッチング感が得られない曲はしばらくはセットリストから外した方がいいと思います。

歌とギターがマッチングしていないのか、歌い方がおかしいのか、ギターアレンジがおかしいのか、その時点では自分ではよくわからなかったりします。でも何となくマッチング感が得られないならばどこかに原因があるはずです。

でも今はそれに気付けないわけですから、それ以上は続けない方がいいと思います。そのままボツになる可能性もありますが、そんな時ぽんきちはギタリストですから自分のアレンジを変えることがあります。

ところが、一度決めたアレンジってなかなか変えにくいものなんです。とりあえず今の時点ではこれがベストと感じて作ったアレンジなので、それを越えるアレンジってすぐには作れなかったりします。

ですから、しばらくはセットリストから外してアレンジを忘れるくらい放置するのがいいですね。とにかくその曲は演奏しない、練習もしない。そうしていればアレンジなんて自然に忘れてしまいます。

そして、何かのタイミングでまたその曲が必要となったらその時にリアレンジすればいいだろうと。ぽんきちの経験上、以前よりもリアレンジの方がマッチング感が得られる傾向があるので、変化することを怖れず&過去に執着せずがいいと思います。



最後に、練習もライブも違和感を抱えたままずっと同じことを続けるのは思考停止に近い状態だと言えます。

リフレインすることで脳内と体にインプットされる人間の習性を考えると、常に「今は正しい順序のプロセス上に自分はいるのだろうか?」と考えながら練習とライブ演奏をすることが必要だろうと思います。



以上、今回のギター講座はぽんきちの個人的な経験が反映されている「それ以上練習しない&それ以上ライブで演奏しないことのすすめ」でした。参考になれば幸いです(^_^)ノ







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html
posted by ぽんきち at 2020/03/21 00:05 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク