大きな失敗をしたぽんきちを責めなかった人のこと


20190529123405208.jpg

 



https://blog.tinect.jp/?p=60065
大人は、口や態度に出してはいけないことがある。



このブログを読んでぽんきちは若い頃に忘れられない失敗を前職でしたことを思い出していました。

ぽんきちが新人だった頃、お金を扱う立場の部門で仕事をしていたのですが、ある日支払うべき給付金を別の場所に車で運んでしまったのです。

当時は現金支給で数ヶ所の支給場所にはたくさんの人たちが集まっていました。結果的に上司に指示された別の若い先輩職員がぽんきちを追いかけて来て、急いで指定された正しい場所に給付金を運んだのです。

当然ながら指定された時間になっても支給されない現場ではかなりざわついたみたいですが、現場の職員たちが事情を説明しながら何とか収めて事なきを得たという出来事がありました。



当時、自分のミスで支給現場の職員たちやたくさんの受給者に迷惑をかけてしまったことで新人のぽんきちはすっかり落ち込んでいました。

職場に戻れば上司に激怒されるに違いないと思っていたのですが、当時の上司は全くぽんきちを怒らなかったのです。言葉少なに謝るぽんきちに対して「今回は肝が冷えたな〜、これからは気を付けろよ。」と笑いながら言っただけでした。

当時、その上司は経理係長をしていましたが、その10年後にぽんきちが九州で最大規模のハローワークで経理係長を務めた時に、仕事で迷うことがある度に「あの時の上司だったらこんな時どうしていたかな?」と考えて仕事をしていました。

ぽんきちにとってその後もずっと仕事をする上で指針となる最も尊敬する上司が、ぽんきちが新人だった当時の経理係長でした。



部下が大きな失敗をしたのに責めることもなく、すべて上司である自分の責任として対処してくれた当時の経理係長の姿が忘れられなくて、ぽんきちはあの大失敗の出来事をずっと肝に命じてその後の人生を過ごしてきました。

全く責められなかったことが余計に重大な出来事としてぽんきちの心に強く残ったんです。二度とこんな失敗をしてはいけないと思いましたし、部下を持つ人間の責任というものも学びました。

あの大失敗は本当に貴重な体験でした。今でも忘れられない出来事の一つなんですが、ぽんきちは前職では本当に人に恵まれていたなぁと思います。

25年以上働いてきて嫌な人はほとんどいませんでした。ぽんきちが社会人となる過程で経済的にも人として成長する上でも本当にお世話になった職場でしたから、今は感謝の気持ちしかありません。



そして、新人だった頃にあの上司に出会えて本当に良かったと思っています。仕事で迷った時に指針となる上司に早い時期に出会える人は幸せだとぽんきちは今でも思っています。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html



posted by ぽんきち at 2019/05/29 12:34 | Comment(0) | ぽんきちのハローワーク体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厚生労働省の勤労統計不正問題について思うこと




20190205152940698.jpg





今年になってこの問題が表面化しニュース報道が流れた時に、ぽんきちは純粋にかつての同僚たちに同情しました。雇用保険の各種給付金の追加支給になると報道していたので、その事務作業に係る大変さを思って心配したのです。

ハローワークに25年以上勤務したぽんきちは元・厚生労働省職員という経歴を持つギタリストになるわけです。それ故に今回の事件は他人事とは思えない気持ちもありましたし、真っ先に「給付課の職員はこれからが大変だなぁ・・・」と思いました。

過去に遡って追加支給する作業は、その対象者の住所などを調べてその旨の詳細を通知し、給付金の振込先口座なども特定しないといけないはずです。対象者数を考えると気が遠くなるような膨大な作業になるでしょうし、自業自得とは言えぽんきちは同情を隠せません。



今回の不正は少なくとも13年前から全国の労働局で行われており、厚生労働省もそれを把握していたと報道されています。統計法という法律に基づいた調査である以上は不正行為は処罰の対象になり得るわけですが、局長級の政策統括官が更迭されたものの今後どこまで責任が追求されるのかはわかりません。

対象となる全事業所へ訪問調査すべきところを対象事業所の3分の1くらいに対して郵送調査していたという不正行為ですが、そもそも物量的に不可能な調査になっていたという情報もあるようです。

賃金関連の調査ならばおそらくハローワークではなく労働基準監督署を所管する労働局の部署が調査を担当しているはずです。監督署がハローワーク以上に人手不足の組織であることをぽんきちは知っているので、法律で定めた調査とは言え無理のある調査なのかもしれません。

今回の不正は確信犯的行為なんですが、その裏側には物量的に不可能な調査を人員削減される中でやらなければならない現場のジレンマがあったのでは?と推測しています。



しかし、その一方で数字に対する扱い方の疑問もぽんきちは持っています。それはかつてぽんきちがハローワークで管理職として勤務していた時の経験から、国の統計というものを信じられない自分がいるからです。

ある日、労働局の担当者から電話があって、ある報告書の数字が悪いことの原因を聞かれたのです。ぽんきちは正直に報告している結果だと答えましたが担当者は納得できないと。あなたは管理職として何とかすべきだと言われたわけです。

ぽんきちにしてみれば他の職場の数字が異常に良いことがおかしいと、現場感覚としてあり得ない数字なんだと、そっちを疑うべきではありませんか?と申し上げたのですが、担当者から全く相手にされなかった経験があるのです。



ぽんきちは前職の頃の話をブログに書くことに対しては慎重にならざるを得ないというか、できるならばかつての仲間たちを批判したくはないし、25年以上もお世話になった組織への感謝の気持ちが今でもあります。そして、国家公務員法が定める守秘義務もあります。

ですから書ける範囲でしか書けないわけですが、消えた年金問題やその他何かと問題を起こす厚生労働省には明らかな病理があると内部の人間として感じていました。それは世間一般の人たちもニュース報道などで感じていることだと思います。

厚生労働省は霞ヶ関の中でも最も忙しくサービス残業している職員が多い官庁です。労働基準法違反となるサービス残業を取り締まる立場の役所なのに、自分たちが一番サービス残業しているわけです。とにかく彼らは業務量が多く忙し過ぎるのです。



これは組織的な構造的な問題があるわけで、今回の事件に関してはトップダウンですべてが決められる組織の末端で働き、何か不正問題が起こる度にその尻拭いを余儀なくされるかつての同僚たちに同情の気持ちを禁じ得ないのです。

窓口では来所者から苦情や嫌みを言われることもあるでしょうし、やってられるかーっ、ボケーっ!!(`_´)と思いながらも粛々と事務作業に従事しているはずです。

世間一般の方々にしてみれば彼らに対する同情の余地などないことは十分理解していますが、ぽんきちはこれから追加支給の作業に携わるかつての仲間たちに頑張れ!!と伝えたいです。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(友達申請はニュースフィードの投稿等の内容が確認できる方について承認致します。) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちインスタグラム
http://www.instagram.com/ibukikawakami/

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2019/02/05 15:30 | Comment(0) | ぽんきちのハローワーク体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今でもあなたは私の上司だと彼女は言った




20180327123930375.jpg





卒業や人事異動の季節ですねぇ・・・ぽんきちが25年以上勤務した前職を早期依願退職してから一年半になろうとしていますが、その間に3回だけかつての同僚や先輩や部下がライブに来てくれました。

最も直近では今年になってからすぐに最後の職場で部下だった女性がぽんきちの弾き語りライブに来てくれたのですが、彼女は今でもぽんきちのことを統括と呼ぶのです。

これって管理職だったぽんきちの役職名なんですが、民間企業だと課長とか部長とかに該当する感じでしょうか?とにかく「もう俺は君の統括じゃないよ(^_^;)」と言うんだけれど、「いいえ、私にとっては今でも統括です!!」と彼女は言うんです。



一年半前に前職を退職する時に当時の部下の一人から言われたのが「仕事で本音を語る上司はあなたが初めてでした。」という言葉でした。

確かに彼らと一緒に働いていた期間は25年間働いた中でも最も本音を口にしていたと思います。まぁ、簡単に言うともう退職する覚悟ができていたので何も怖いものが無かったんです(^_^;)

とにかく毎日何らかの指示を部下たちから求められる職場だったんですが、ぽんきちはほとんど即決だったような・・・よし、それやろう!!とか、これからはこうしてください!!とか、責任は私が取りますからやってください!!とか、前例に捕らわれないでください!!とか、もう辞めると決めたら何もかも即決だわ〜とか内心自分で呆れていました( ̄∇ ̄;)



そんな背景があって職場でも本音だったと思うのですが、結果的には部下たちからは信頼されました。いろんなことを本音で話すので基本的に嘘が無いし本心で話していたんですが、唯一ぽんきちが部下たちに話せなかったのはすでに退職する決心をしていることだけだったと思います。

早期退職制度の申請が厚生労働省に受理され部下たちに打ち明ける時までの日々はさすがに複雑でしたが、退職してからは全く未練も無くて、ただただ25年以上も社会人としてぽんきちを育ててくれた職場に感謝する気持ちだけでした。



最近はロン毛ギタリストのスナフキンになって前職の頃の面影はほとんど無くなったぽんきちですが、大きな組織で長年働いてきたことはいろんな意味で勉強になったし、良い経験をさせてもらったなぁと思っています。

長年ぽんきちの人生を支えてくれた前職には感謝の気持ちを忘れてはいけないなと思っています。



そして、今は全く別の生き方をそれぞれにしていますが、彼らも自分もお互いにいい仕事をして悔いのない人生を送れたらいいなぁと思っています。

ぽんきちは本当の自分が好きな仕事への転換を選びましたが、どんな仕事も誰かの役に立ち、その連鎖で社会は成り立っています。

どんな場所でも仕事を面白くできるかどうかは自分次第です。これからもぽんきちはフリーランスのギタリストとして自分の居場所で自分らしく生きるだけです。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきちライブスケジュール(先々のライブ情報まで載せています)
http://guitaristponkichi.com/schedule.html

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。 http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。 http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ) http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します) https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします) https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2018/03/27 12:40 | Comment(0) | ぽんきちのハローワーク体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰もが嫌がるポストの仕事が一番面白かったような気がする〜マニュアルが通用しない仕事の面白さについて




20170830230241448.jpg





ぽんきちはハローワークで25年以上働いていましたが、職業紹介や雇用保険などの仕事内容は法律に定められたことが基本でした。職業安定法や雇用保険法に基づいて業務を行うので、法律を実務的に行うためのマニュアルがありました。マニュアルはそれらの法律を根拠に作られていますから、我々職員にとっては仕事をする上で基本となるものでした。

現場ではマニュアルが通用しないレアなケースもありましたが、基本はやはりマニュアル通りにすべきで、公平性の観点からもそれは必要なことでした。

マニュアルだけでは通用しない難しい仕事を担当するポストは誰もが嫌がります。ハローワークの場合は雇用保険を不正受給した者を行政処分する業務はその代表的なポストでした。悪質な場合は罰金の支払いを命じたり刑事告発することもある仕事でしたから、人気のないポストだったのです。



その誰もが嫌がるポストをぽんきちは3年間担当したのですが、今思うとその仕事が一番面白かったかも?大変な仕事でしたが人間の裏側を知る仕事でしたし、処分決定までには不正受給者との心理戦もあって、25年以上勤務したハローワークの仕事の中でも特に勉強になったと実感しています。

国家公務員には退職後も守秘義務がありますので具体的な事例は書けないのですが、とにかくその3年間は興味深い体験をたくさんしました。
 
失業中に就労しているにも関わらず、その事実を正しく申告していない雇用保険受給者を調査する仕事でしたが、事業主主導の組織ぐるみの不正が疑われるケースや風俗店へのアポ無し訪問での調査など、上記の理由で詳細は書けないことばかりですが、仕事の特殊性から様々な世の中の裏側を見てきました。

この手の仕事をしていると特に人間の裏側をたくさん見ます。不正受給をしている人は我々職員の前では必然的に嘘をつきます。世の中にはこんなに嘘つきがたくさんいるんだなと実感できる仕事でしたねぇ。あらかじめ証拠を掴んでいればそれが嘘だとハッキリわかりますから、世の中というものを知る貴重な経験ができる仕事でした。



そして、この手の仕事は心理戦の攻略が大切なので基本的にマニュアルだけでは通用しません。ある日突然個別ブースに呼び出しを受けた相手は我々がどこまで証拠を掴んでいるかわからないので内心はビクビクしています。こちらもどんな証拠を掴んでいるかは初めは見せませんので、結果的に心理戦になることもありました。

そんな仕事の経験をしたぽんきちですから、仕事ってマニュアルが通用しないものが面白いという感覚を持っています。一般的にはマニュアルが無いと不安だという人たちは多いと思います。効率的に大量のサービスを提供する場合はマニュアルは必須だとも思います。

しかし、仕事の面白さとはマニュアルに無い部分なんじゃないかな?と思います。

おそらく人生もマニュアルどおりにいかない人生が面白いし、マニュアルどおりにならないからこそ面白いんだと思います。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


posted by ぽんきち at 2017/08/30 23:03 | Comment(0) | ぽんきちのハローワーク体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきちのハローワーク体験記〜応募書類の書き方について・履歴書と職務経歴書の作成目的を考える




20170616215129207.jpg






今回は久しぶりにぽんきちのハローワーク体験記ですが、テーマは応募書類についてです。

面接を受ける前に作成が必須となる履歴書と職務経歴書にはそれぞれに目的があります。

簡単に説明しますと、履歴書は採用の根拠となる書類で、職務経歴書は自分ができることをわかりやすくアピールするための書類です。

そのため、履歴書には写真を貼付する必要がありますし、基本的に嘘の経歴を書いてはいけません。

職務経歴書は相手にわかりやすく自分のスキルなどを伝えるように工夫して書く必要があります。



【履歴書】

採用の根拠となる書類ですから写真を貼付しますが、書類選考の時点で相手に好印象を与えたいところです。ですからなるべく写真撮影はプロに依頼することをお勧めします。インスタント写真などは犯罪者的な顔になりがちですから避けた方が無難です。

学歴や職歴も元号(昭和・平成)を省略してはいけませんし、なるべく丁寧な字で書くことが大切です。字があまり上手ではなくても丁寧さが伝わると人柄として好印象を与えるものです。

志望動機欄は職務経歴書を添付するならば細かい字で詳しく書く必要性はないと思います。

嘘の経歴は絶対に書いてはいけません。例えば、あまりにも短期間の職歴はできれば書きたくないという気持ちは誰しもあると思います。ぽんきちはそれでも社会保険等の加入歴がある職歴ならば書いた方が無難だとアドバイスしていました。理由は国のシステム上の記録として残ってしまっているからです。



【職務経歴書】

これは職歴の内容によって編年体式やキャリア式などがあります。職歴が少なければ時系列に沿った編年体式でもいいですし、職歴が多ければ応募する会社の仕事内容に特化した職歴をアピールしやすいキャリア式という具合です。

採用する側はこれまでその人がどんな仕事をしてきて、これからどんな仕事ができるのか?を知りたいわけです。ですから応募する側はそれらを相手にわかりやすく伝えなければいけません。

作成のポイントとしては以下のとおりです。



汎用性の高い言葉は使わない

意識して具体的な表現にする

求人票を見ながら作成する

なるべく求人票に書いているワードを拾って作成する



以上ですが、ハローワークの求人票には仕事内容や事業内容などが表記されていますが、そこから意識的にワードを拾うことで採用する側が求めている人材であることをアピールしやすくなります。

つまり、求人票は注文書と考えるのです。例えばそれに対して自分はどんな料理を作るのか?そのための食材や素材は注文書である求人票の中にある可能性があるので、意識的にその中のワードを拾って作成することで「私は貴社が求めている人材ですよ。」というアピールになった職務経歴書になる可能性が高くなるのです。

過去の実績などを○○%の売上アップに貢献したなど、具体的な数字で示すことで説得力を持たせます。

協調性があるとか頑張りますとか、誰もが使いそうな汎用性の高い表現は採用担当者は嫌というほど書類上で見てきているはずです。ですからそれらのワードにはあまり効果はないと考えた方がいいと思います。



とりあえずざっと思いつく感じで書きましたが、フリーランスのギタリストになってから最近はすっかり音楽三昧の生活にシフトしてしまっていますので、ハローワークで働いていた頃のこともあまり思い出すことがなくなってきました。

詳細な情報を知りたい方々にとってはリアルに職業相談をしているかつての部下や同僚たちのアドバイスの方が説得力があると思います。

ハローワークには応募書類の書き方をアドバイスしたり内容の添削指導をしたりするコーナーもありますし、キャリアコンサルタントの有資格者もいます。

ぽんきちブログのハローワーク体験記でのアドバイスは参考程度と理解して頂いて、リアルに就職活動をされている方々はハローワークに気軽にご相談ください。



以上、ぽんきちのハローワーク体験記・応募書類の書き方についてでした(^_^)ノ










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/06/16 21:52 | Comment(0) | ぽんきちのハローワーク体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク